euglena News

News

Press Releases

2021.03.09

消防車に初導入!日清オイリオの消防車にて
ユーグレナバイオディーゼル燃料を使用開始
事業場内の研究開発施設から排出される使用済食用油をバイオ燃料の原料として活用

Euglena Co., Ltd.

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充、以下「ユーグレナ社」)が製造したバイオディーゼル燃料(以下「バイオ燃料」)が、日清オイリオグループ株式会社(以下「日清オイリオ」)の事業所である日清オイリオ横浜磯子事業場内に常駐している防災用消防車に導入されることをお知らせします。バイオ燃料が消防車に導入されるのは今回が初めてとなります。
 また、日清オイリオの同技術開発センター(中央研究所・ユーザーサポートセンター)で発生する使用済み食用油を回収し、バイオ燃料の原料に再利用していきます。同拠点で回収した使用済み食用油をバイオ燃料の原料とし、防災用消防車用燃料として使用する、循環型の取り組みを共同で実施します。

横浜磯子事業場内:技術開発センター

横浜磯子事業場内:技術開発センター

横浜磯子事業場内:消防車

横浜磯子事業場内:消防車

 ユーグレナ社が日清オイリオに提供するバイオ燃料は、ユーグレナ社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント(以下「バイオ燃料製造実証プラント」)で製造されるものです。
 このバイオ燃料は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下「ユーグレナ」)と使用済み食用油を原料に使用し、消防車自体の内燃機関を変更することなく使用することが可能な次世代バイオディーゼル燃料です。このバイオ燃料は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出しますが、原料となるユーグレナが成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルを実現します。

取り組みの背景
 日清オイリオは、かけがえのない地球を次の世代へ引き継ぐために、「植物のチカラ®」を最大限に引き出し、環境に優しい企業活動に取り組んでおります。低炭素・循環型社会の実現に貢献するため、この度ユーグレナ社が宣言した「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す『GREEN OIL JAPAN』宣言に賛同し、バイオ燃料を使用することを決定しました。
 なお、燃料の使用を開始すると同時に、日清オイリオ横浜磯子事業場内の技術開発センターで発生した使用済み食用油をバイオ燃料製造実証プラントで製造するバイオ燃料の原料の一部として2021年1月から活用を開始し、循環型の取り組みを実現しています。

 今後も、ユーグレナ社は日清オイリオと共同で、バイオ燃料を通して、人の健康や環境に関するサステナブルな取り組みを実施していきます。

●ユーグレナバイオディーゼル燃料について
 ユーグレナバイオディーゼル燃料は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下「ユーグレナ」)と使用済み食用油を原料に使用し、車両自体の内燃機関を変更することなく使用することが可能な次世代バイオディーゼル燃料です。
 バイオ燃料は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出しますが、原料となるユーグレナが成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルを実現します。

●『GREEN OIL JAPAN』宣言について
 ユーグレナ社は、2018年10月のバイオ燃料製造実証プラントの竣工を機に、「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』を宣言しました。ユーグレナ社のバイオ燃料製造実証プラントで製造したバイオ燃料を陸・海・空における移動体に導入すること、そして2030年までにバイオ燃料を製造・使用するサポーターを日本中に広げることで、バイオ燃料事業を産業として確立することを目標に掲げています。目標実現を通じて、SDGs「GOAL7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「GOAL13:気候変動に具体的な対策を」「GOAL17:パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献します。
SDGs GOJ logo for PR TIMES

ユーグレナ社では、『GREEN OIL JAPAN』宣言に賛同し、バイオ燃料の利用、原料の供給や普及をともに推進する協力企業・団体等(輸送関連、飲食関連、地方自治体など)を募っています。
『GREEN OIL JAPAN』宣言 HP:https://euglena.jp/greenoiljapan/
『GREEN OIL JAPAN』に関するお問い合わせ:https://www.euglena.jp/contact/b09/

<About Euglena Co., Ltd.>
In 2005, we succeeded in establishing the world's first edible outdoor mass culture technology for microalgae Euglena (Japanese name: Euglena) on Ishigaki Island. In addition to developing and selling functional foods and cosmetics that utilize Euglena and chlorella produced on Ishigaki Island, we are also conducting research toward the production of biofuels. Listed on TSE Mothers in December 2012. TSE First Section market change in December 2014. We define "Sustainability First" as Euglena Philosophy and develop our business. https://euglena.jp

This website uses cookies to acquire and use access data for the purpose of improving the experience on the site.
When using this site, please agree to the use of cookies.
Please see the "Privacy Policy" for information on site cookies.

agree