バングラデシュの子どもたちに栄養を!「ユーグレナGENKIプログラム」について

栄養問題解決に向けたお客さまの想いを、
ユーグレナ入りクッキーを通じて
バングラデシュの子どもたちに

バングラデシュ人民共和国は、南アジア(インドの東側)に位置する人口約1.6億人の低中所得国*1です。このバングラデシュが抱える問題の一つが、子どもたちの栄養問題です。バングラデシュでは、5歳以下の子どもの半分が貧血状態*2にあり、また、ビタミンA、B12、鉄分、亜鉛等が不足しがちで、5歳以下の子どもの36%、約550万人が発育不全状態に陥っています*3

ユーグレナ社の創業のきっかけは、社長の出雲が学生時代に訪れたバングラデシュで、必要な栄養素が足りず栄養失調となっている子どもたちを目の当たりにしたことでした。「なんとか彼らが、健康に生活できるような栄養源をみつけたい」・・・そんな思いで、日本に戻った出雲が出会ったのが、豊富な栄養素をバランスよく持つ微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)でした。

ユーグレナ社は、この創業理念の地であるバングラデシュの子どもたちの栄養問題解決を目指して、2014年4月に「ユーグレナGENKIプログラム」を開始しました。

お客さまからの売上の一部で、
バングラデシュの子どもたちに
栄養豊富なユーグレナクッキーを届けます

「ユーグレナGENKIプログラム」では、豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを、バングラデシュの子どもたちに無償で配布しています。プログラムで配布する1食分のユーグレナクッキーは6枚。この1食で、バングラデシュの子どもたちに特に不足している栄養素1日分を提供できます。

「ユーグレナGENKIプログラム」の活動は、プログラム対象商品をお買い上げいただいた際の売上の一部を協賛金として充てることで運営しております*4。プログラム対象商品はユーグレナ社およびユーグレナ・グループ各社の全商品(食品・化粧品など)*5、ならびにパートナー企業の指定商品*6です。お客さまは、これらの商品をお買い上げいただくことで「ユーグレナGENKIプログラム」に参加し、バングラデシュの子どもたちの栄養改善を目指す活動を応援することができます。

※動画内の情報は動画制作当時(2019年)の情報となります。

ユーグレナGENKIプログラムの歩み

8181316

2019年7月末現在

「ユーグレナGENKIプログラム」は、2014年4月の開始以来、多くのお客さまからの支援により活動規模を拡大しております。2019年3月末時点で、58 校、約 1 万人の子どもたちに、平均週5日ユーグレナ入りクッキーを配布しており、配布数は累計700万食を突破しました。

1日当たりクッキー
配布生徒数(人)
2019年3月末時点
累計クッキー
配布数(万食)
2019年3月末時点

また、子どもたちの栄養改善のため、クッキー配布の他に以下の活動も行っています。

食育

ユーグレナクッキーに含まれる栄養素、
毎日摂取する目的を説明

衛生教育

正しい手洗いの仕方を説明

プログラム開始以降の主な変遷は以下の通りです

ユーグレナGENKIプログラム活動レポート

バングラデシュでの活動内容を、毎月ご報告しています。是非、ご一読ください。

2019.08.26
2019年7月の活動報告
~雨季中の子どもたちの様子~
2019.07.29
2019年6月の活動報告
~縫製工場が集中している地域の学校にユーグレナクッキー配布を開始~
2019.06.27
2019年5月の活動報告
~新たな協賛パートナー企業の参加~
2019.05.23
2019年4月の活動報告
~5周年を迎えての振り返り~
2019.04.23
2019年3月の活動報告
~家庭の食事や衛生状態の調査を通じたセミナーの実施~

レポート一覧を観る

ユーグレナGENKIプログラム参加企業

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)

ユーグレナ社は、「ユーグレナGENKIプログラム」を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)*9のうち「GOAL1:貧困をなくそう」「GOAL2:飢餓をゼロに」への貢献に取り組みます。当社の経営理念である「人と地球を健康にする」の実現をめざし、今後もミドリムシ入り食品の普及による栄養問題の改善や研究開発を進めてまいります。

ユーグレナ・グループおよびパートナー企業の商品をお買い上げ頂いた全てのお客さまに、プログラムへのご理解、ご協力を感謝申し上げます。

トップに戻る