IRポリシー

投資家情報Investor Relations

IRポリシー

基本方針

当社は、金融商品取引法などの諸法令および東京証券取引所が定める諸規則に基づいた情報や、業績、財務内容、コーポレートガバナンス等に関する情報を開示することはもとより、株主や投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に当社グループに関する重要な情報を、適時適切に分かりやすく、公平かつ迅速に開示することを情報開示の基本方針としています。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法などの諸法令および東京証券取引所の諸規則を遵守し、これらに沿って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない場合でも、ステークホルダーの皆さまに重要であると考えられる情報については適時適切に開示します。

情報開示の方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報の開示は同取引所の適時開示電子情報システム(TDNET)にて公開し、有価証券報告書・四半期報告書などの開示書類は金融庁の電子開示システム(EDINET)を通じて公開します。また、公開した情報は、当社コーポレートホームページのIRページ(https://www.euglena.jp/ir/)にて速やかに掲載し、これに該当しない情報についてもプレスリリース、ホームページ等で適宜公開します。

沈黙期間

当社は、通期、半期、四半期の決算発表日よりも2週間前までの期間をIR活動の沈黙期間(サイレントピリオド)として設定しています。この期間中は決算情報に関するお問い合わせやコメントなどは控えさせていただきます。なお、この期間中に開示すべき重要事実が発生した場合には適時開示規則等に基づき速やかに開示します。また、既に公表済みの情報に関する問い合わせには対応します。

将来の見通し

当社の開示情報には、将来の見通しや見解等が含まれる場合があります。これらは、開示時点において入手可能な情報に基づき当社が合理的と判断したものを発表しておりますが、潜在的なリスクや不確実性が含まれています。そのため実際の業績は様々な要素により、将来見通しとは異なる結果となる可能性がある点にご留意ください。

シェアードリサーチ社による当社の調査レポートはこちらIRニュース・イベント案内をメールで受け取る【登録はこちら】

このウェブサイトでは、サイト上での体験向上を目的にCookieを使用して、アクセスデータを取得・利用します。
本サイトをご利用になる場合、Cookieの使用に同意ください。
サイトのクッキー(Cookie)に関しては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

同意する