ミドリムシとは?

What is Euglena?

ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)とは?

ミドリムシ 顕微鏡画像

僕らの相棒、
ミドリムシ。

ミドリムシ 顕微鏡画像

「SustainabilityFirst」というフィロソフィーを掲げているユーグレナ社。ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)の力で、不安が多い未来を明るいものへ変えるべく、日々研究を進めています。

ヘルスケアの活用

動物と植物の両方の性質を備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素が含まれています。また、成人の必須アミノ酸すべて(9種類)がバランスよく含まれており、人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではないのです。

ミドリムシに含まれる59種類の栄養素

59種類の栄養素 詳細を見る 
ビタミン類14種
  • α-カロテン
  • β-カロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK1
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸
ミネラル9種
  • マンガン
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • ナトリウム
アミノ酸 18種
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • アラニン
  • アルギニン
  • リジン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • プロリン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • ヒスチジン
  • チロシン
  • トリプトファン
  • グリシン
  • セリン
  • シスチン
不飽和脂肪酸
  • DHA
  • EPA
  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • ジモホy-リノレン酸
その他
  • パラミロン
  • ゼアキサンチン
  • クロロフィル
  • ルテイン
  • プトレッシン
  • GABA
  • スペルミジン
細胞壁の有無
植物細胞

野菜は硬い細胞壁があり栄養素が吸収されづらい

野菜の細胞壁
ユーグレナ

吸収を妨げる細胞壁がないため栄養素を消化吸収しやすい

ミドリムシにはない細胞壁
パラミロン

パラミロン 撮影:青山学院大学 福岡伸一教授
撮影:青山学院大学 福岡伸一教授

ユーグレナは、他の生物にはない特有成分パラミロンを多く含んでいます。それはキノコなどに多く含まれるβ-グルカンの一種。
食物繊維であるパラミロンは、健康への応用が期待され、多くの学者や専門家が研究を進めている注目の成分です。

ユーグレナの考える健康

私たちは現代人が抱える健康不安は1つの要因ではなく、複合的な要因によって生じていることに着目しました。特に、「栄養不足」「疲労」「免疫力低下」は、相互に影響を及ぼしあい、下図のように連鎖的に体調の悪化を招いてしまいます。

「栄養不足」「疲労」「免疫力低下」は、相互に影響

持続的な健康を目指すためには、部分的な対症療法ではなく、「栄養不足」「疲労」「免疫力低下」のすべてにアプローチすることが重要です。石垣島ユーグレナは、現代人が抱えるこれら全ての健康不安にアプローチし、からだのもとから健康に導きます。

ユーグレナの更なる可能性

バイオ燃料事業
ユーグレナバイオ燃料を西武バスに導入ミドリムシは培養方法によって体内に軽油に近い油をつくることが知られています。この油を抽出・精製することで、バスや飛行機などに利用可能なバイオ燃料をつくりだすことができ、すでに日本各地でユーグレナバイオディーゼル燃料を使ったバスや乗用車が公道走行しています。 ミドリムシは培養時に農地を必要としないため農作物や土地との競合性が低く、かつ、光合成で成長するので化石燃料を消費して排出されるCO2を吸収して育ち、炭素循環型社会を構築することができるのです。
飼料
ミドリムシ飼料59種類の豊富な栄養素を含むミドリムシを活用した飼料を製造しています。この飼料を使用すると、例えば比内地鶏はその特徴である脂身の色味が濃くなりグルタミン酸が向上したり、養殖クルマエビは肉質が改善しアラキドン酸とよばれるうま味成分が増加する、などが明らかになっています。素材の味や品質が向上することで、普段皆さんが口にする食べ物のうまみにもミドリムシの力が備わっているのです。
培養土
ミドリムシ培養土ミドリムシのバイオ燃料製造過程から出る残渣を活用し、有機液肥や培養土を開発しています。この残渣を用いて複数の野菜や果物を栽培すると、従来の化学液肥と同等の収穫量が得られ、また使用しなかった時と比べ野菜や果物の根の張りが良く、更には大きさも向上することが研究成果で明らかになっています。
残渣の活用が実用化されれば、ミドリムシを余すことなく活用することができます。
バイオマスプラスチック
ユーグレナバイオマスプラスチック (ミドリムシバイオマスプラスチック)ミドリムシのバイオ燃料製造過程から出る残渣の活用は、肥料だけにとどまりません。残渣を活用してバイオマスプラスチックの開発にも取り組んでいます。
既に、残渣を用いて50%のバイオマスプラスチックの開発に成功し、100%石油由来プラスチック製品に比べ、強度があることも実験結果で分かっています。
バイオマスプラスチックの開発は、海洋プラスチックごみ等、社会問題解決の一助になり、海を生態系を守りながら、私たちの生活にも便利さを届けてくれるのです。

ミドリムシの生態と歴史

ミドリムシは、植物のように光合成を行って栄養分を体内に溜め、動物のように細胞を変形させて動く、植物と動物の両方の性質を持っている微細藻類です。このように生物学上で植物と動物、両方の性質を備えている生物は大変珍しい存在で、多くの特徴を持っています。

ミドリムシの生態

微細藻類ミドリムシの特徴
  • ミドリムシはビタミンが豊富
  • ミドリムシの不飽和脂肪酸
  • ミドリムシの大きさ
  • ドリムシのアミノ酸
  • ミドリムシの葉緑素(クロロフィル)
  • ミドリムシのパラミロン
  • ミドリムシの消化率
  • ミドリムシの生息地
  • ミドリムシの研究
  • ミドリムシの光合成
  • ミドリムシの鞭毛
  • ミドリムシのミネラル

ミドリムシの歴史

  • 5億年前

    ミドリムシが誕生

    地球誕生後の原始の地球で初めて誕生した生物の一つです

  • 1660年代

    オランダレーウェンフック
    ミドリムシを発見

    ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はラテン語で
    美しい(eu)眼(glena)という意味を持っています

  • 1950年代

    ミドリムシを用いた光合成研究が行われる

    光合成による炭素固定反応であるカルビン・ベンソン回路を解明(1951年 ノーベル化学賞)

  • 1970年代

    宇宙開発視点での
    ミドリムシ研究が進む

    ミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができること、そしてヒトの呼吸で出た二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、結果として酸素が得られるという二重のメリットが注目

  • 1990年代

    ミドリムシを使った医療、
    医療品の開発、二酸化炭素固定
    などについて研究が進む
  • 200512

    ユーグレナが世界初の
    食用屋外大量培養に成功
  • 2010

    ユーグレナを原料とした
    バイオ燃料製造の研究開始

another future

ミドリムシの関連事業