エネルギー・環境事業

エネルギー・環境事業

Energy & Environment

子どもたちの未来を守るエネルギー

刻々と進む地球温暖化。今を生きる私たちは、子どもやその先の世代にどのような地球環境を残せるでしょうか。子どもたちの未来を守るために、バイオ燃料を製造・使用するサポーターを日本中に広げる、それが私たちの目標です。

ユーグレナ社のバイオ燃料
『サステオ』

化石燃料に代わる、
サステナブルな社会を実現するための燃料、
それが『サステオ』です。2020年にディーゼル燃料を、
2021年はジェット燃料を供給開始し、
車両・船舶・航空機で利用が拡大しています。

『サステオ』=サステナブルな燃料=バイオ燃料


一般的なまちのガソリンスタンドで購入できる燃料は、地中から掘り出された石油が原料となっています。燃やした時に排出される二酸化炭素は、もともと地中深く眠っていた炭素が元になっていて、大気中の二酸化炭素は一方的に増えてしまいます。

一方、バイオ燃料は、植物や動物など、地上にある生物資源(バイオマス原料)から製造されます。生物資源は、成長過程や生態系の中で光合成により、大気中の二酸化炭素をあらかじめ吸収しています。そのため、バイオ燃料を燃やした時に排出される二酸化炭素は、あらかじめ大気中から取り込んだものを、元に戻しているだけ。
大気中の二酸化炭素量を今以上増やさないというコンセプトで開発が進むサステナブルな燃料、それがバイオ燃料なのです。

バイオ燃料は何からできている?

バイオ燃料の原料となる生物資源(バイオマス原料)には、たくさんの種類があり、バイオ燃料の進化とともに、その原料も移り変わってきました。まず最初に原料となったのは、サトウキビやとうもろこしなどの食用植物。ただ、食料との競合や、無理な栽培による森林破壊などの問題がありました。これらの問題が起こらない原料としていま主流になっているのが、使用済みの食用油などの廃棄物系原料です。捨てられてしまうはずのものを再利用することがき、 CO₂削減効果も高いため、年々その需要は世界中で上がり続けています。
今後ますますバイオ燃料の需要が増えていく際に、原料不足による問題を起こさないためにも、持続可能な原料確保に向けた技術開発を進めていく必要があります。

サステオの原料、使用済み食用油と微細藻類ユーグレナとは

サステオの原料は、使用済みの食用油と微細藻類ユーグレナから抽出されたユーグレナ油脂です。
その割合は、使用済みの食用油が90%以上と大部分を占めており、ユーグレナ油脂の割合は10%以下です。
使用済み食用油は現在世界中で使用されている原料である一方、有限な資源のため、将来的にバイオ燃料の需要が増えた際、足りなくなってしまう日がくると予測されています。
ユーグレナ社は、食料と競合せず、また、必要量に合わせて供給することが出来る原料として、ユーグレナ油脂培養の技術開発にも注力しています。

サステオジェット燃料

サステオジェット燃料は、国際規格「ASTM D7566 Annex6規格」に適合したバイオジェット燃料です。
ユーグレナ社のバイオ燃料製造実証プラントでは、バイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術を採用しており、取得したASTM認証に適合したバイオジェット燃料は世界で初めて。なお、サステオジェット燃料は既存石油系ジェット燃料へ最大50%混合が可能です。

サステオディーゼル燃料

サステオディーゼル燃料は、バスや船舶といった陸・海のモビリティにて活用されています。
「次世代バイオ燃料」と呼ばれ、分子構造が市販軽油と全く同じ点が特徴です。そのため、排ガス試験の結果では、一般車両のエンジンに負荷をかけること無く、含有率100%で使用できることを確認しています。
また、サステオディーゼル燃料はいま街中を走行している車にそのまま使用できたり、電気や水素といった燃料電池自動車のように新たに供給インフラを整備する必要がないため、日常生活になじみやすいといったメリットがあります。

『サステオ』ロゴに込められた想い

サステオは、多くの方にバイオ燃料を身近に感じていただくため命名されました。サステオは、「サステナブルなオイル」が由来となっています。

文字部分ではサステオを力強く広げていくという意思と地球へのやさしさを表現。そして、“多様性”を意味する最小単位の3種の大きさからなる「サステオ・ドット」は、サステオがさまざまな用途で、自由に使用される様や、サステオが広がることによって、地球の負担が軽減され、地球が緑色を取り戻していく様をデザインで表現しています。この「サステオ・ドット」は「カーボンニュートラル」の実践の象徴であり、世界の環境問題を解決するという、ユーグレナ社の願いと決意を表しています。

エネルギー・環境事業の
プロジェクト

ユーグレナが実際に取り組んでいる、エネルギー・環境事業のプロジェクトの数々をご紹介します。
バイオ燃料を生かして、社会課題を解決するためのアプローチを様々な方向性で行っています。

ホンダジェットでバイオジェット燃料『サステオ』を初使用!民間航空機で初のフライトが実現

日々の生活でバイオ燃料利用が当たり前となる社会に向けて始動

詳しくはこちら

ユーグレナ社のバイオ燃料を使用した初フライト実現

国土交通省が保有・運用する飛行検査機において、バイオジェット燃料を導入したフライト・飛行検査業務を実施

詳しくはこちら

ユーグレナバイオディーゼル燃料を一般向けに初販売

一般用自動車における、環境に配慮した次世代バイオ燃料使用への第一歩

詳しくはこちら

ドローンでユーグレナバイオ燃料を使用

日本初、ユーグレナバイオ燃料を使用したドローンによる物流実証を石垣島で成功

詳しくはこちら

ユーグレナバイオジェット燃料が完成

BICプロセスによるバイオジェット燃料でASTM認証に適合

詳しくはこちら

消防車でユーグレナバイオディーゼル燃料を使用

日清オイリオの消防車にてユーグレナバイオディーゼル燃料を使用開始

詳しくはこちら

船舶でユーグレナバイオディーゼル燃料を使用

八重山観光フェリーの船舶で、世界初の「ユーグレナバイオディーゼル燃料」を使用した試験航行を実施

詳しくはこちら

GREEN OIL JAPAN賛同企業の増加

日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN』宣言に2市15社が新たに賛同

詳しくはこちら

日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント

2020年、次世代バイオディーゼル燃料の供給を開始し、2021年にはバイオジェット燃料での初フライトを実現。SDGs「GOAL13:気候変動に具体的な対策を」に貢献していきます。

詳しくはこちら

いすゞ社共同開発『DeuSEL®プロジェクト』

いすゞ、ユーグレナ社は共同で次世代バイオディーゼルの実用化を目指す「DeuSEL®プロジェクト」をスタート

詳しくはこちら

DENSOとのバイオ燃料開発を含む包括的提携

バイオ燃料事業を産業として確立することを目指し、複数の微細藻類を原料としたバイオ燃料の製造を実現し、将来的な原料調達の多様化と安定的なバイオジェット・ディーゼル燃料供給に向けた研究を加速

詳しくはこちら

G20福岡・軽井沢での取り組み

2019年G20サミット関連会合にて、ミドリムシ入りの次世代バイオディーゼル燃料『ユーグレナバイオディーゼル燃料』の普通自動車での世界初の公道走行、講演、出展を実施

詳しくはこちら

バイオ燃料製造実証プラント導入技術、国際規格を取得

バイオ燃料製造実証プラント導入技術が、国際規格であるASTM D7566規格の新規格を取得しました。新規格取得により、当社のバイオ燃料製造実証プラントで製造したバイオジェット燃料は、民間航空機に搭載可能な燃料であると国際的に認められたことになります。

詳しくはこちら

GREEN OIL JAPAN

日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN』を宣言。2019年の次世代バイオディーゼル燃料供給開始、2020年バイオジェット燃料での有償飛行実現目指す

詳しくはこちら

脱炭素社会へ向けて活用が期待される「バイオ燃料」とは?

そもそも「バイオ燃料」とは?そして、ユーグレナが取り組むバイオ燃料とはどういうものなのか説明します。

詳しくはこちら

関連動画

動画に収めた、エネルギー・環境事業の取り組みです。現場の臨場感を一緒に感じてみてください。

関連するユーグレナの研究

エネルギー・環境における、ユーグレナの研究です。日夜行っている研究から、
新しい取り組みが生まれています。

関連するユーグレナプロジェクト

ユーグレナプロジェクトの中でエネルギー・環境に関するプロジェクトです。
ミドリムシを使ったバイオ燃料生産へのチャレンジなど。ぜひご覧ください。

全てのプロジェクトを見る

この事業に関するSDGs

その他ユーグレナの事業・研究