ユーグレナのニュース お知らせ

ユーグレナのニュース

News

  • 2020.12.01 国際学術雑誌「Food Science and Nutrition」にて、武庫川女子大学とのカラハリスイカの抗インフルエンザウイルス活性に関する共同研究の論文が掲載されました

    2020年11月27日に、国際学術雑誌「Food Science and Nutrition」にて、 カラハリスイカがインフルエンザウイルスの侵入と増殖を阻害することを報告した論文が掲載されました。
    本論文では、カラハリスイカ果汁が細胞を用いた試験でウイルスの増殖を抑制し、生体をもちいた試験でインフルエンザウイルスに感染したマウスの生存率を改善することについて報告するとともに、それらの効果がウイルスの感染細胞への侵入と、感染後の細胞内でのウイルス複製の後期段階を阻害していることにより起こっていることを示唆しています。

     

    当社では今後もカラハリスイカ果汁の摂取による有効性の解明を目指し、研究開発に取り組んでまいります。

    詳細はこちら(英語論文)

  • 2020.11.25 東洋大学との共同研究発表が「第42回日本臨床栄養学会総会・若手奨励賞」を受賞しました

    当社は東洋大学吉田崇将助教との共同研究にて、 ユーグレナを継続的に摂取することで睡眠が深くなることを示唆する研究成果を確認し、10月21日にニュースリリースいたしました。

     

    この研究成果は、2020年10月19日〜11月1日開催にされた「第42回日本臨床栄養学会総会」※1で発表し、選考委員会での選出・審査を受けて「若手奨励賞」を受賞しました。日本臨床栄養学会は、胎生期から高齢者までのあらゆる疾患の予防・治療に貢献する臨床栄養学の発展を目指して設立された学会です。

    ※1 第42回日本臨床栄養学会総会は、第41回日本臨床栄養協会総会との連合大会として開催され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、ウェブページを活用したオンライン発表形式で実施されました

     

    当社は、今後も、からだが本来持つ「つくる・はたらく・まもる」のサイクルを支えるユーグレナの可能性のさらなる解明を目指し、研究開発に取り組みます。

     

  • 2020.11.20 銀座ロフト店にてoneシリーズ製品のオンライン接客を実施いたします

    2020年11月21日~23日まで、銀座ロフト店にてoneシリーズ製品のオンライン接客を実施いたします。

    新型コロナウイルス感染症状況下における店頭での新しい接客システムとして、株式会社ロフトで初めての試みとなる、アバターを介した遠隔オンライン接客を実施いたします。

    実施時間は以下になります。

    2020年11月21日(土)~23日(月・祝)12:00-19:00(最終日のみ、18:30まで)

    場所:銀座ロフト店

    当日は、one製品を当社オリジナルアバター「レナちゃん」がご案内いたします。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

    詳細はこちら

  • 2020.11.19 『SUSTAINABLE TIMES(サステナブル・タイムズ)』にて「地球を大切にするために社会を本気で変えたい-Futureサミットメンバー出口と西堀が1年の活動を振り返り【連載企画第2弾】」を公開しました

    2019年、ユーグレナ社は、地球と会社の“未来”を考える18歳以下のCFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)を募集し、1名のCFOと8名のサミットメンバーを選出しました。

    連載企画としてお送りしている第2弾は、Futureサミットメンバーの出口と西堀にインタビューし多様子を紹介しています。

    詳細はこちら

  • 2020.11.19 『SUSTAINABLE TIMES(サステナブル・タイムズ)』にて「アフターコロナ時代に求められる、サステナブルな商品の在り方を探る-タイガー魔法瓶 タイガーボトル「4つの約束」」を公開しました

    新型コロナウイルス感染症を機に急激に世の中が変化していく中で、環境への配慮を意識して生活していく「サステナブル」な暮らしへの関心が高まっています。
    そんな中、企業としていち早くこの変化に着目し、「1. HUMAN RIGHTS 脱・紛争鉱物」「2. ANTI POLLUTION 脱・フッ素コート」「3. HEALTH PTOTECTION 脱・丸投げ生産」「4. SUSTAINABILITY 脱・プラスチックごみ」という「4つの約束」を新たに掲げ、タイガーボトルサイトをオープンさせたのが、タイガー魔法瓶株式会社です。

    今回は、タイガー魔法瓶様に「今後のサステナブル商品の在り方」についてインタビューしました。

    詳細はこちら

  • 2020.11.19 当社オウンドメディア「euglena stance」が「SUSTAINABLE TIMES」としてアップデートしました

    2019年2月より開始した当社オウンドメディア「euglena stance(ユーグレナスタンス)」が、この度「SUSTAINABLE TIMES(サステナブル・タイムズ)」としてアップデートしました。

    SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる活動をはじめ、自分たちの幸せが誰かの幸せと共存し続ける、サステナビリティに関連するさまざまな事象を記事にしていくメディアとなります。

    ぜひご覧ください。

    SUSTAINABLE TIMESはこちら

     

     

  • 2020.11.17 年末年始休業のお知らせ(2020年12月26日(土)~2021年1月3日(日))

    当社では、2020年12月26日(土)~2021年1月3日(日)まで年末年始休業をいただきます。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

  • 2020.11.06 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年9月の活動報告は、今期の振り返りとコロナ禍で長引く休校措置が子どもたちに与える影響についてです。

    ぜひご覧ください。

    2020年9月活動報告

  • 2020.10.30 中央研究所移転のお知らせ(2020年12月1日より)

    2020年12月1日より、中央研究所を移転します。

    <移転先>
    〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目6
    横浜バイオ産業センター2階
    (通称「YBIC」)
    移転先の詳細はこちら

  • 2020.10.29 新卒・第二新卒 通年採用 2022年度入社の応募受付を開始します。

    当社は2019年より、大学生・大学院生の学生生活におけるチャレンジを妨げない柔軟な採用選考を実現するために新卒・第二新卒の通年採用を行っています。今回、現在応募可能な2021年度入社に加え、2022年度に入社可能な方を対象とした応募受付を開始しました。

    未来の仲間のみなさまのご応募お待ちしています。

    新卒・第二新卒通年採用サイトはこちら

  • 2020.10.27 国際学術雑誌「Nutrients」にて、微細藻類ユーグレナの摂取が精神的作業負荷の下での気分と自律活動、および主観的な睡眠の質に及ぼす影響に関する論文が掲載されました

    2020年10月23日に、国際学術雑誌「 Nutrients 」にて、 微細藻類ユーグレナの摂取が精神的作業負荷の下での気分と自律活動、および主観的な睡眠の質に及ぼす影響に関する論文が掲載されました。本論文では、ユーグレナの摂取が、ストレス時の自律神経系のバランスを調節し、心理状態と睡眠の質に好ましい影響を与える可能性があることを 無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検証した内容を報告しています。研究内容の詳細は2020年5月18日のニュースリリースも合わせてご参照ください。

     

    当社は、健康の基盤を妨げる複合的要因として「栄養不足」「心身の疲労」「免疫力低下」の相互関係に着目しており、ユーグレナの摂取を通じてからだが本来持つ「つくる・はたらく・まもる」のサイクルが保たれ、サステナブルな健康が実現する可能性について研究を進めております。今回の結果は、「心身の疲労」によって影響を受ける現象への対応により、身体本来の力の好循環をはたらかせることへの期待を示しています。

     

    当社では、からだが本来持つ「つくる・はたらく・まもる」のサイクルを支えるユーグレナの可能性のさらなる解明と、ユーグレナおよびその含有成分の健康食品、医療分野等での利活用や食材としての付加価値向上を目指し、研究開発を行っていきます。

    詳細はこちら(英語論文)

  • 2020.10.20 港区立みなと科学館 秋の企画展「みんなでえがく たべものがたり展」にユーグレナの展示コーナー登場

    「みんなでえがく たべものがたり展」では、「未来の食べもの」をテーマに現在開発されている食べものにまつわる科学や技術を紹介しています。展示を回りながら、食べものがあるシーンを疑似体験し、最後は「10年後にあったらうれしい技術」を選んで買う、お買い物型の体験スタイルで、お楽しみいただける企画展です。ユーグレナも未来の食品として紹介されています。

     

    「みんなでえがく たべものがたり展」
    主催:みなと科学館
    協力:株式会社リバネス
    場所:港区立みなと科学館
    期間:10月14日(水)~11月23日(祝月)

    IMG_4512_2

    詳細はこちら
  • 2020.10.20 当社従業員における新型コロナウイルス感染者の発生について

    本社オフィス(東京都港区)に勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。当該勤務者は、10月11日(日)に発熱があり、10月16日(金)にPCR検査を実施、10月17日(土)に陽性であることが確認されました。また、この勤務者は10月8日(木)以降は自宅でのリモートワークで職務に従事しており出社しておりませんでした。現在は保健所の指導のもと、療養をしております。

     

    当社の対応として、当該勤務者の行動歴、ならびに濃厚接触の可能性のある者の調査を保健所の指導に基づき行いました。結果として、当社グループ内に濃厚接触者は確認されませんでした。

     

    当社は、これまで感染予防の対策として、体調管理を徹底し、従業員の衛生管理を強化するなど感染防止に努めてまいりました。今後も引き続き、行政や保健所、関係各所と連携し、社内外の感染防止拡大に最大限、努めてまいります。

     

    関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

  • 2020.10.09 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年8月の活動報告は、コロナ禍のバングラデシュで地方の学校を対象とした食料支援についてです。

    ぜひご覧ください。

    2020年8月活動報告

  • 2020.10.06 ジーンクエスト、湘南ヘルスイノベーションパークによる「周産期うつ病」をテーマとして発足した第3期湘南会議に参画

    詳細はこちら

  • 2020.10.06 (訂正)株主優待制度に関するお知らせ

    2020年8月21日に開示しました「株主優待制度に関するお知らせ」の優待制度の内容につきまして、商品リニューアルに伴い一部に変更が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。
    訂正箇所は赤枠および二重下線を付しております。

     

    2.株主優待制度の内容
    (2)優待内容
    ご所有株式の単元数に応じ、下記の当社指定商品(100株以上500株未満1商品、500株以上2商品)および当社指定商品を特別割引価格でご購入頂けるカタログを贈呈します。
    ※カタログに掲載された健康食品、化粧品および遺伝子解析サービスの各商品につき株主様特別割引を設定しております(健康食品・化粧品の定期購入に関しては通常10%割引が最大30%割引となります)。また、環境に配慮した取り組みとして、今回から紙冊子でのカタログ送付を廃止し、オンラインでの閲覧をご案内させていただきます。

    <訂正前>
    100株以上:
    「からだにユーグレナGreen Powder 1week」+当社指定商品を特別割引価格でご購入頂けるカタログの贈呈
    500株以上:
    「からだにユーグレナGreen Powder 1week」および「からだにユーグレナ Green Tablet(28粒) 」+当社指定商品を特別割引価格でご購入頂けるカタログの贈呈

     

    <訂正後>
    100株以上:
    「からだにユーグレナGreen Powder 1week」+当社指定商品を特別割引価格でご購入頂けるカタログの贈呈
    500株以上:
    「からだにユーグレナGreen Powder 1week」および「からだにユーグレナ Green Tablet(42粒)」+当社指定商品を特別割引価格でご購入頂けるカタログの贈呈

  • 2020.09.29 理化学研究所とのユーグレナ遊泳不能変異体に関する共同研究の論文が、国際学術雑誌「PeerJ」に掲載されました

    2020年9月28日に、理化学研究所とのユーグレナ遊泳不能変異体に関する共同研究の論文が、国際学術雑誌「PeerJ」に掲載されました。
    理化学研究所との共同研究で開発した、重イオンビーム照射によるユーグレナゲノムへの突然変異誘発方法を利用し、ユーグレナの特徴の一つである遊泳能力を永続的に欠損させた変異体を作出することに成功しました。また、その変異体の詳細な解析を通して、泳げなくすることでユーグレナが速く沈殿するようになることを確認しました。
    この変異体の沈殿しやすい性質を利用することにより、培養後の収穫プロセスを簡略化させる開発が可能となるだけでなく、様々な学術研究用途に利用可能な材料となることが期待されます。
    詳細はこちら(英語論文)

  • 2020.09.18 B.C.A.D.が「クリスタル アワード2020」化粧品部門トップスパコスメティックスを受賞しました

    2020年9月16日に、スパユーザーの投票により、スパ・ウエルネス業界で最も支持を集めた施設及びブランドに付与される「クリスタル アワード2020」(スパ&ウエルネスジャパン、(株)コンセプトアジア共催)にて、B.C.A.D.が化粧品部門トップスパコスメティックスに選ばれました。
    トップスパ部門では、B.C.A.D.をご使用いただいております、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート Spa Agarosa様が日本のトップスパに選ばれました。
    詳細はこちら

  • 2020.09.18 国際学術雑誌「Natural Product Communications」にて、佐賀大学との微細藻類ユーグレナに含まれるモノヘキソシルセラミドの同定に関する論文が掲載されました

    2020年8月31日に、国際学術雑誌「Natural Product Communications」にて、佐賀大学との微細藻類ユーグレナに含まれるモノヘキソシルセラミドの同定に関する論文が掲載されました。
    セラミドは、皮膚表皮層の細胞間脂質の主要成分であり、アトピー性皮膚炎や乾癬の患者ではその濃度が低下しているといわれています。よって、化粧品成分としてのセラミドの塗布は、皮膚表皮の水分量を保つことや皮膚バリア機能の維持に貢献します。また、食品成分としてのセラミドの摂取によりアトピー性皮膚炎症状を緩和することが分かっています。セラミドの構造はその由来の生物種によって大きく異なることが分かっています。
    佐賀大学北垣浩志教授との共同研究により報告した論文では、ユーグレナ由来の脂質画分からモノヘキソシルセラミドを同定し報告しています。
    当社では 今後もユーグレナの健康食品、医療分野等での利活用や食材・化粧品素材としての付加価値向上を目指し、研究開発を行ってまいります。

    詳細はこちら(英語論文)

     

  • 2020.08.31 『euglena stance(ユーグレナスタンス)』にて「コロナ特集:前編 新型コロナウイルス感染症の危機は私たちに再出発の無限のチャンスを与えてくれた。-グラミン銀行創設者 ムハマド・ユヌス氏-」を公開しました

    2006年にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行創設者ムハマド・ユヌス氏に、アフターコロナ社会についてどう生きればいいのか、どう行動していけばいいのかの提言をいただきました。
    コロナと主に生きる「with コロナ」時代、そしてその後訪れる「アフターコロナ」の世界。今まで誰も経験したことがない状況のなかで、私たちには何ができ、そして何をするべきなのでしょうか?
    ぜひ、ご覧ください。

    詳細はこちら

  • 2020.08.31 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年7月の活動報告は、新たな協賛パートナー企業(その2)の参加についてです。

    ぜひご覧ください。

    2020年7月活動報告

  • 2020.08.28 第7回日本時間栄養学会学術大会にて、「微細藻類ユーグレナおよび特有成分パラミロンの一過性摂取がマウスの時計遺伝子発現に与える影響」について発表しました

    第7回日本時間栄養学会学術大会(8月28~29日開催)にて、「微細藻類ユーグレナおよび特有成分パラミロンの一過性摂取がマウスの時計遺伝子発現に与える影響」について、早稲田大学先進理工学研究科の柴田重信教授と共同で発表しました。
    本発表では、マウスに微細藻類ユーグレナおよび特有成分パラミロンを単回摂取させた際の、時計遺伝子発現の変化について報告いたしました。
    今後も当社では、ユーグレナおよびパラミロンの健康食品、医療分野等での利活用や食材としての付加価値向上を目指し、研究開発を行っていきます。

  • 2020.08.25 『ユーグレナプロジェクト』のvol.39「CFO(最高未来責任者)を募集・選考せよ。」を公開いたしました

    史上最年少の初代CFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)の選考過程について記載した、『ユーグレナプロジェクト』のvol.39「CFO(最高未来責任者)を募集・選考せよ」を公開いたしました。ぜひご覧ください。

    詳細はこちら

     

  • 2020.08.13 B.C.A.D.のパッケージデザインがGraphic Design In Japan 2020に入選

    B.C.A.D.のパッケージデザインが、アジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が主催する『Graphic Design In Japan 2020』に入選しました。東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されている年鑑作品展「日本のグラフィックデザイン2020」に8月31日(月)まで展示されています。

    詳細はこちら

  • 2020.08.04 『ユーグレナプロジェクト』のvol.38「石垣島ユーグレナの魅力を伝えるキャラクターを企画せよ。」を公開いたしました

    ユーグレナ社公式キャラクター「ゆーぐりん」の誕生秘話について記載した、『ユーグレナプロジェクト』のvol.38「石垣島ユーグレナの魅力を伝えるキャラクターを企画せよ。」を公開いたしました。ぜひご覧ください。
    詳細はこちら

  • 2020.07.31 休業のお知らせ(8月11日)

    8月9日(日)は当社創立記念日のため、翌営業日の8月11日(火)を振替休業とさせていただきます。
    ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

  • 2020.07.29 第84回日本循環器学会学術集会にて、「微細藻類ユーグレナの経口投与による急性心不全マウスモデルにおける便秘改善」について発表しました 

    第84回日本循環器学会学術集会(2020年7月27~8月2日)にて、「微細藻類ユーグレナの経口投与による急性心不全マウスモデルにおける便秘改善」について、東京大学大学院医学系研究科の赤澤宏講師、梅井正彦特別研究員との共同で発表しました。本共同研究では、微細藻類ユーグレナが、急性心不全モデルマウスの便秘症状を改善し、心機能を改善することを示す研究結果を確認しました。当社では今後も、ユーグレナの医療分野等での利活用や食材としての付加価値向上を目指し、研究開発を進めます。

  • 2020.07.27 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年6月の活動報告は、新たな協賛パートナー企業の参加についてです。

    ぜひご覧ください。

    2020年6月活動報告

  • 2020.07.22 CFOとサミットメンバーが、小泉進次郎環境大臣と弊社のプラスチック削減策など環境問題解決について意見交換をしました。

    CFO(Chief Future Officer)およびサミットメンバーの活動についてはこちら

  • 2020.07.15 当社研究員が「日本農芸化学会企業研究者活動表彰」を受賞しました
    当社研究員の中島綾香が、日本農芸化学活動への貢献を評価いただき「日本農芸化学会企業研究者活動表彰」を受賞しました。 日本農芸化学会は、農芸化学分野の基礎及び応用研究の進歩を図り、それを通じて科学、技術、文化の発展に寄与することにより人類の福祉の向上に資することを目的として、1924年に設立された学術団体です。当社は、今後も経営理念である「人と地球を健康にする」を実現するため、研究開発に取り組みます。