ユーグレナのニュース お知らせ

ユーグレナのニュース

News

  • 2021.08.04 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年6月の活動報告は、「世界ビスケットの日」のお祝いとコロナ禍でも目指すGENKIプログラムの拡大についてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年6月活動報告はこちら
    GENKIプログラムはこちら

  • 2021.07.26 『ユーグレナ・マイヘルス』にてアスリートを対象とした研究に関する項目を追加

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「筋損傷の重症度」と「カフェインによる運動パフォーマンス向上」の新規追加を実施しました。スポーツ競技においては、同じようにトレーニングを実施しても様々な場面で個人差が生じるため、遺伝子を要因の一つと想定して、アスリートを対象とした研究も実施されています。今回はアスリートを対象とした研究成果から、「筋損傷の重症度」と「カフェインによる運動パフォーマンス向上」の解析項目を追加しました。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.07.13 「月面産業ビジョン~Planet 6.0時代に向けて~」を産官学連携で日本政府に提出しました

    産学官連携のワーキンググループ「月面産業ビジョン協議会」のとメンバーとして、井上信治内閣府特命担当大臣(宇宙政策)に対し、日本における月面ビジネスのエコシステム構築に向けた「月面産業ビジョン~Planet 6.0時代に向けて~」を提出しました。この「月面産業ビジョン~Planet 6.0時代に向けて~」には、国際的に競争力のある産業基盤を形成し、月面産業における日本企業の将来の成功を確保するための産業界の6つの決意と7つの提言が含まれています。

    詳細はこちら

  • 2021.07.01 「ユーグレナ石垣ぬちぐすいプロジェクト」商品発売日変更のお知らせ

    2021年6月25日に発表した「ユーグレナ石垣ぬちぐすいプロジェクト」の新商品「オイナリアンの「石垣島」いなりめし」(トキなりフーズ)の発売日が、先日の沖縄県での豪雨の影響で7月10日(土)からとなりました。
    発売まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

  • 2021.06.25 微細藻類に含まれる抗酸化物質の多様な生合成経路と環境ストレスに対する保護機能に関する理化学研究所との総説論文が、Plants誌に掲載されました

    微細藻類は様々な分類群に属し、進化的に多様な形態、代謝、ライフサイクルを獲得してきましたが、自然界では環境ストレスにさらされており、活性酸素種の蓄積による酸化ダメージを受けています。微細藻類は、それらの環境ストレスに対処するために、カロテノイドやアスコルビン酸(AsA)、グルタチオン(GSH)などの様々な抗酸化物質を含んでいます。本総説論文では、微細藻類の抗酸化物質の多様性について、最近の知見も含めてレビューし、考察しています。
    当社では、ユーグレナをはじめとする微細藻類の持つ抗酸化機能の有用性に関する研究を通じて、さらなる産業利用の可能性を検討していきます。

    詳細はこちら(英語論文)

  • 2021.06.23 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年5月の活動報告は、学校のメンタルへルス対策と「ソーシャルワーカー・チャンピオン」の先生についてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年5月活動報告はこちら
    GENKIプログラムはこちら

  • 2021.06.17 『ユーグレナ・マイヘルス』にて「結婚初期の夫婦関係満足感」の項目を追加

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「結婚初期の夫婦関係満足感」の新規追加を実施しました。ある遺伝子型の場合、結婚初期の3年間において、普通の人よりもパートナーを信頼し、愛情表現をし、夫婦をチームのように感じて夫婦関係に満足する傾向が高かったという研究報告があります。夫婦仲が良いと心身の健康状態にも良い影響があるといいます。遺伝子解析の結果はあくまでも統計的な傾向をお伝えするものですが、夫婦関係維持の参考にしていただければ幸いです。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.05.31 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年4月の活動報告は、バスによる移動式学校の新規参加とユーグレナクッキーの空袋回収事情についてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年4月活動報告はこちら
    GENKIプログラムはこちら

  • 2021.05.21 『ユーグレナ・マイヘルス』にて「色素斑(しみ・そばかす・ほくろ)」の項目を更新

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「色素斑(しみ・そばかす・ほくろ)」の更新を実施しました。これまでヨーロッパ系集団を対象にした結果のみ表示しておりましたが、今回の更新では、東アジア系集団を対象に研究された「腕のシミのできやすさ」の解析結果を追加しました。夏が近づき、日差しが強くなってきましたので、日頃のスキンケアの参考にしていただければ幸いです。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.05.18 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年3月の活動報告は、GENKIプログラム新規パートナー企業の参加と学校での清掃活動についてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年3月活動報告はこちら
    GENKIプログラムはこちら

  • 2021.05.18 休業のお知らせ(8月6日)
    8月6日(金)は当社の創立記念に伴い、休業とさせていただきます。
    ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
  • 2021.05.14 第7回国際応用藻類学会(ISAP2021)にて、「A study on the modulation of gut microbiota through ingestion of Euglena gracilis Z」について発表しました
    2021年5月14日~8月13日に開催される第7回国際応用藻類学会(ISAP2021)にて、「A study on the modulation of gut microbiota through ingestion of Euglena gracilis Z(ユーグレナによる腸内細菌叢(さいきんそう)の調整に関する研究)」について発表しました。
    (論文の詳細はこちら、ニュースリリースの詳細はこちらです
  • 2021.04.12 『ユーグレナ・マイヘルス』にて「アキレス腱炎」の項目を追加

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「アキレス腱炎」の新規追加を実施しました。
    「アキレス腱炎」は、かかととふくらはぎをつなぐ「アキレス腱」におこる痛みを伴う炎症です。このアキレス腱炎の起こしやすさについても、遺伝子型によって個人差があることが報告されています。暖かい日が増え、体を動かしたくなる季節になってきましたが、この機会にご自分のタイプを確かめて、安全にスポーツを楽しみましょう。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.04.05 『ユーグレナ・マイヘルス』、環境に配慮したパッケージ変更のお知らせ

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』は、外箱プラスチックパッケージを廃止し、環境に配慮したFSC®認証紙とNonVOCインキをパッケージに採用しました。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.04.02 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年2月の活動報告は、GENKIプログラム新規参加校と学校でのサイエンスフェアについてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年2月活動報告

  • 2021.03.22 日本農芸化学会2021年度仙台大会にて、「ユーグレナによる腸内細菌叢の調整に関する研究」について発表しました

    2021年3月18日~21日に開催された日本農芸化学会2021年度仙台大会にて、「ユーグレナによる腸内細菌叢(さいきんそう)の調整に関する研究」について発表しました。
    本発表では、ユーグレナによって、腸内細菌叢における酪酸(らくさん)産生菌の占有率の上昇および酪酸産生が増すことを報告しました。本研究内容は、学術ジャーナル『Scientific Reports』に論文が掲載されており、また、2021年1月15日にニュースリリースを配信しておりますので、合わせてご参照ください。
    (論文の詳細はこちら、ニュースリリースの詳細はこちら

     

    今後も当社では、ユーグレナおよびパラミロンの健康食品、医療分野等での利活用や食材としての付加価値向上を目指し、研究開発を行ってまいります。

  • 2021.03.15 『ユーグレナ・マイヘルス』にて「睡眠不足と判断能力」の項目を追加

    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「睡眠不足と判断能力」の新規追加を実施しました。睡眠不足の時に物事を認識・判断する能力が下がりやすいかどうかについて、遺伝子型との関連が報告されています。健康・健全な日々を送るため、普段の生活を再確認するきっかけにもおすすめです。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』はこちら

  • 2021.03.11 第10回超異分野学会本大会にて、「ヒトiPS細胞由来ミエロイド系細胞(Mylc細胞)を用いたユーグレナ由来物質の免疫賦活効果の評価」について発表しました

    2021年3月5日~3月6日に開催された第10回超異分野学会本大会にて、「ヒトiPS細胞由来ミエロイド系細胞(Mylc細胞:ミルク細胞)を用いたユーグレナ由来物質の免疫賦活効果の評価」について発表しました。

     

    Mylc細胞は、ヒトiPS細胞から作製した免疫細胞で、樹状細胞への分化誘導が可能です。
    本発表では、これまで確認されてきたユーグレナ由来物質による免疫応答がMylc細胞を用いて行った実験でも再現されたことを報告いたしました。

     

    今後も当社では、ユーグレナおよびパラミロンの健康食品、医療分野等での利活用や食材としての付加価値向上を目指し、研究開発を行ってまいります。
    詳細はこちら

  • 2021.02.24 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2021年1月の活動報告は、コロナ禍での課題学習の取り組みについてです。
    ぜひご覧ください。

    2021年1月活動報告

  • 2021.02.16 商品回収に関するお詫びとお知らせ(パラミロンのちから)

    弊社が販売する「パラミロンのちから」において、原料の一部に表示されていないアレルゲン成分である大豆が含まれていることが判明しました。そのため、当該商品の販売を一時中止し、該当製品の回収をすることといたしました。なお、他の同シリーズ商品は対象ではございません。

     

    当該商品は既に店頭より撤去し、自主回収を完了しております。また、現在まで本件に関する健康被害の報告はございません。

     

    お客さまには多大なるご心配、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。また、今後このような事態が再び発生することのないよう、品質管理体制の一層の強化に努めてまいります。
    ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2021.02.10 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年12月の活動報告は、コロナ禍での教育への影響についてです。
    ぜひご覧ください。

    2020年12月活動報告

  • 2021.02.04 『ユーグレナ・マイヘルス』にて「COVID-19重症化(呼吸不全)」の項目を更新
    遺伝子解析サービス『ユーグレナ・マイヘルス』の検査結果ページにて、項目「COVID-19重症化(呼吸不全)」に追加表示を実施しました。昨年7月より表示している項目「COVID-19重症化(呼吸不全)」へ、リスク遺伝子多型を追加しました。当件は2020年末にイギリスの研究チームにより新たに見出されました。感染症から身を守るため、普段の行動を再確認するきっかけにもおすすめです。すでに検査を実施済みのユーザーは、検査結果をマイページからご覧いただけます。
  • 2021.01.07 公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」メンテナンスによる停止のお知らせ

    当社が運営しておりますインターネット通販サイト「ユーグレナ・オンライン」について、以下日程でシステムリニューアルのため、停止となります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

     

    【メンテナンス期間】

    2021年1月8日(金) 21:00 ~ 2021年1月13日(水) 10:00

    ※終了時刻は前後する場合がございます。

  • 2021.01.07 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年11月の活動報告は、重要性を増す食糧支援と働く子どもへのパンデミックの影響についてです。
    ぜひご覧ください。

    2020年11月活動報告

  • 2020.12.23 ユーグレナGENKIプログラムよりバングラデシュ事務所レポートを更新しました

    2020年10月の活動報告は、コロナ禍におけるGENKIプログラム対象校でのユーグレナクッキー配布活動の再開についてです。

    ぜひご覧ください。

    2020年10月活動報告

  • 2020.12.01 国際学術雑誌「Food Science and Nutrition」にて、武庫川女子大学とのカラハリスイカの抗インフルエンザウイルス活性に関する共同研究の論文が掲載されました

    2020年11月27日に、国際学術雑誌「Food Science and Nutrition」にて、 カラハリスイカがインフルエンザウイルスの侵入と増殖を阻害することを報告した論文が掲載されました。
    本論文では、カラハリスイカ果汁が細胞を用いた試験でウイルスの増殖を抑制し、生体をもちいた試験でインフルエンザウイルスに感染したマウスの生存率を改善することについて報告するとともに、それらの効果がウイルスの感染細胞への侵入と、感染後の細胞内でのウイルス複製の後期段階を阻害していることにより起こっていることを示唆しています。

     

    当社では今後もカラハリスイカ果汁の摂取による有効性の解明を目指し、研究開発に取り組んでまいります。

    詳細はこちら(英語論文)

  • 2020.11.25 東洋大学との共同研究発表が「第42回日本臨床栄養学会総会・若手奨励賞」を受賞しました

    当社は東洋大学吉田崇将助教との共同研究にて、 ユーグレナを継続的に摂取することで睡眠が深くなることを示唆する研究成果を確認し、10月21日にニュースリリースいたしました。

     

    この研究成果は、2020年10月19日〜11月1日開催にされた「第42回日本臨床栄養学会総会」※1で発表し、選考委員会での選出・審査を受けて「若手奨励賞」を受賞しました。日本臨床栄養学会は、胎生期から高齢者までのあらゆる疾患の予防・治療に貢献する臨床栄養学の発展を目指して設立された学会です。

    ※1 第42回日本臨床栄養学会総会は、第41回日本臨床栄養協会総会との連合大会として開催され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、ウェブページを活用したオンライン発表形式で実施されました

     

    当社は、今後も、からだが本来持つ「つくる・はたらく・まもる」のサイクルを支えるユーグレナの可能性のさらなる解明を目指し、研究開発に取り組みます。

     

  • 2020.11.20 銀座ロフト店にてoneシリーズ製品のオンライン接客を実施いたします

    2020年11月21日~23日まで、銀座ロフト店にてoneシリーズ製品のオンライン接客を実施いたします。

    新型コロナウイルス感染症状況下における店頭での新しい接客システムとして、株式会社ロフトで初めての試みとなる、アバターを介した遠隔オンライン接客を実施いたします。

    実施時間は以下になります。

    2020年11月21日(土)~23日(月・祝)12:00-19:00(最終日のみ、18:30まで)

    場所:銀座ロフト店

    当日は、one製品を当社オリジナルアバター「レナちゃん」がご案内いたします。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

    詳細はこちら

  • 2020.11.19 『SUSTAINABLE TIMES(サステナブル・タイムズ)』にて「地球を大切にするために社会を本気で変えたい-Futureサミットメンバー出口と西堀が1年の活動を振り返り【連載企画第2弾】」を公開しました

    2019年、ユーグレナ社は、地球と会社の“未来”を考える18歳以下のCFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)を募集し、1名のCFOと8名のサミットメンバーを選出しました。

    連載企画としてお送りしている第2弾は、Futureサミットメンバーの出口と西堀にインタビューし多様子を紹介しています。

    詳細はこちら

  • 2020.11.19 『SUSTAINABLE TIMES(サステナブル・タイムズ)』にて「アフターコロナ時代に求められる、サステナブルな商品の在り方を探る-タイガー魔法瓶 タイガーボトル「4つの約束」」を公開しました

    新型コロナウイルス感染症を機に急激に世の中が変化していく中で、環境への配慮を意識して生活していく「サステナブル」な暮らしへの関心が高まっています。
    そんな中、企業としていち早くこの変化に着目し、「1. HUMAN RIGHTS 脱・紛争鉱物」「2. ANTI POLLUTION 脱・フッ素コート」「3. HEALTH PTOTECTION 脱・丸投げ生産」「4. SUSTAINABILITY 脱・プラスチックごみ」という「4つの約束」を新たに掲げ、タイガーボトルサイトをオープンさせたのが、タイガー魔法瓶株式会社です。

    今回は、タイガー魔法瓶様に「今後のサステナブル商品の在り方」についてインタビューしました。

    詳細はこちら