ユーグレナの研究開発

ユーグレナの研究開発

Research & Development

バイオテクノロジーがつくる未来

サステナビリティを軸にバイオテクノロジーを推し進める、それがユーグレナ社です。これからも熱意と誠意を持った仲間たちとともに、科学技術とものづくりの輪をさらに広げていき、社会をドライブする力に変えていく。そのための研究開発を行なっています。

ユーグレナの研究体制

ユーグレナの研究開発体制は5つの研究所体制に移管しました。

R&Dを更に加速して進めるべく2つの「科学」研究所と3つの「技術」研究所を設立。
それぞれの研究所の役割を明確にし、5つの研究所に5人の研究所長を置くことで研究現場のスピードを加速します。

先端科学研究所(神奈川県横浜市鶴見)
微細藻類への遺伝子工学技術を利用した品種改良や次世代での利用を見込む培養方法の開発など、先端的な研究開発を実施しています。また、大学や他社とも共同し先端科学を取込むことで、新素材開発、商品価値の向上、生産コスト削減などに幅広く貢献することを目指しています。取り組んでいる研究課題は多岐にわたり、微細藻類の品種改良、藻類バイオマスからのプラスチック生産プロセス設計、宇宙での微細藻類培養による資源循環方法の検討、硫黄化合物の網羅的分析技術の応用開発などを実施しています。
ヒト科学研究所(神奈川県横浜市鶴見)
ユーグレナ社は生涯にわたる健康の実現を目指しています。根本的に健康寿命と平均寿命の乖離を縮めることを考える場合、起こった症状・不調に対して対症療法的に対処することのみならず、症状・不調自体が起こらないような恒常性を保った心身づくりを考慮していくことが重要です。ヒト科学研究所では、ユーグレナをはじめとした原料の食品・化粧品としての生体への有効性の研究、ユーグレナなどを由来としたさらなる新しい原料の開発を通じて、また、人をより科学し、より理解するための研究を行い事業に活かすことで、目指す世界の実現に努めます。
生産技術研究所(沖縄県石垣市)
食用ユーグレナの屋外大量培養方法は、2005年に世界で初めて成功して以来、絶えず改良が重ねられてきました。生産技術研究所は工場の敷地内にあり、微細藻類を今よりも安価に、高品質に、安定して、環境負荷少なく生産し続けるための研究を担っています。特定の成分を高含有させる培養法や、その成分を分離回収する方法も研究しており、生産技術開発を通じてユーグレナの可能性を開拓しています。近年は培ってきた知見と工場の大規模培養・収穫・乾燥設備を活用し、ユーグレナ以外の微生物の大量生産にも挑戦しています。
藻類エネルギー技術研究所(三重県多気町)
微細藻類の屋外大量培養技術を確立することで、バイオジェット燃料の原料として世界で初めて微細藻類油脂(藻油)の安定供給を可能にするとともに、枯渇資源である魚粉を代替する飼料原料を大量供給して海洋資源保護に貢献するサステナブル事業の実現を目指しています。隣接する木質バイオマス発電所から排出されるCO2や廃熱を利用した高効率・低コスト培養方法の研究開発から、収穫、乾燥、藻油抽出までの一貫生産プロセス開発、藻油抽出残渣の価値・品質向上に資する養殖研究を通じ、燃料及び飼料事業の総合的な事業性評価を行っています。
資源サーキュラー技術研究所(佐賀県佐賀市)
未利用資源の活用や藻類培養における残渣の有効利用によって、藻類産業のゼロエミッション化と同時に1次産業課題の解決を目指しています。
下水浄化センターに隣接する立地や小規模ながら培養から濃縮、粉末化まで一貫した藻類生産の再現が可能である特徴を生かし、無駄のない藻類生産プロセスの開発、新規素材開発をもとに多岐にわたる1次産業課題の解決方法を模索する資源循環技術の研究を行っております。
また、先端研究にて有用性がみられた新素材のスケールアップにより製造課題の発見・改善から試験用サンプルの製造を担っています。

研究トピックス

研究リリースの一覧へ

サルファーインデックス
受託分析サービス

ユーグレナ社の提供するサルファーインデックス受託分析サービスでは、独自技術である硫黄化合物の分析技術を用いて、網羅的に硫黄代謝物量を解析します。硫黄代謝状態を把握することで、酸化度(鮮度)や抗酸化能(微生物の働き)、匂いなどについての情報を得ることができます。

詳しくはこちら

関連するユーグレナプロジェクト

全てのプロジェクトを見る

その他ユーグレナの事業・研究

このウェブサイトでは、サイト上での体験向上を目的にCookieを使用して、アクセスデータを取得・利用します。
本サイトをご利用になる場合、Cookieの使用に同意ください。
サイトのクッキー(Cookie)に関しては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

同意する