ユーグレナのニュース

News

ニュースリリース

2020.10.23

今後の経営体制に関するお知らせ
サステナブルな組織・人づくりのため、岡島悦子氏が取締役CHROに就任

株式会社ユーグレナ

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、2020年10月23日の取締役会において、2020年12月18日に開催予定の定時株主総会以降、これまで社外取締役であった岡島悦子氏が取締役CHRO(最高人事責任者)に就任することを決議しましたのでお知らせします。

 当社は、創業15周年を機に、2020年8月にコーポレート・アイデンティティ(CI)を刷新※1し、「ユーグレナ社がありたい姿」として「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」を掲げました。当社が社会変革をスピーディに実現していくためには、仲間および組織の成長が最重要テーマであり、それを強力に推進していける経営体制の強化が求められています。そこで、これまで社外取締役であった、経営層人材やリーダー人材開発に実績のある岡島悦子氏が取締役CHROに就任し、キーポジション人材採用、次世代リーダー育成、企業文化醸成、人事制度構築等をリードし、サステナブルな組織・人づくりを推進していくこととしました。
 そして、2020年10月19日に発表※2した2代目CFO川﨑レナさんと共に、4名のCXO体制でサステナブルな未来を目指してまいります。
 なお、岡島氏は多くの企業で社外取締役を担っているため、非常勤とはなりますが、強いコミットメントで当社の成長を牽引していただきます。
※1 ユーグレナグループでは、「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」を“自分たちの幸せが誰かの幸せと共存し続ける方法”を常に考え、行動している状態と定義しています
2020年8月11日発表リリース https://www.euglena.jp/news/20200811/
※2 2020年10月19日発表リリース https://www.euglena.jp/news/20201019-2/

DSC_0823 - コピー

写真左から、COO永田暁彦・2代目CFO川崎レナ・CHRO岡島悦子・CEO出雲充

■岡島悦子(おかじまえつこ)略歴
1989年4月 三菱商事株式会社入社
2001年1月 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社
2002年3月 株式会社グロービス・マネジメント・バンク入社
2005年7月 株式会社グロービス・マネジメント・バンク代表取締役社長
2007年6月 株式会社プロノバ代表取締役社長(現任)
2014年6月 アステラス製薬株式会社社外取締役
2014年6月 株式会社丸井グループ社外取締役(現任)
2015年11月 ランサーズ株式会社社外取締役(現任)
2015年12月 株式会社セプテーニ・ホールディングス社外取締役(現任)
2016年3月 株式会社リンクアンドモチベーション社外取締役
2018年12月 株式会社ユーグレナ社外取締役(現任)
2019年2月 株式会社マネーフォワード社外取締役(現任)

■当社取締役CHRO 岡島悦子のコメント
ユーグレナ・フィロソフィーにある「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」な未来を創る人をつくる、という重責を担うことで、出雲CEO、永田COO、仲間のみなさんの大胆な社会変革実現を一層加速するエンジンになれることに、とてもワクワクしています。

<株式会社ユーグレナについて>【JPEG】ロゴタイプ(B)_マーク(SG)_タグライン
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究も行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。https://euglena.jp

以上

―報道関係者お問い合わせ先―
株式会社ユーグレナ コーポレートコミュニケーション課