仲間インタビュー

広報宣伝部 部長 北見 裕介

「外の世界」だと思っていたサステナビリティへの衝撃。
ちぎれるほど考え続けた毎日が、
「外の世界」を「自分事」に変えた

藻類で燃料ができることを読んでいた漫画のなかで知り、しかもその研究が日本で行われているということに衝撃を受けたという北見。しかし、その時はまだ自分のこれまでのキャリア、業務からすれば「外の世界の話だと思っていた」そうだ。それでも、「これまでの経験がもし生きるのであれば」と、ユーグレナにジョインした。

「私は大学卒業後、京都のメーカーに就職しました。そこはブランドや品質というものを大切にしつつも、業界で新規となる製品を市場に送り出す会社でした。まったくシステムやサーバなどに詳しくなかったのですが、新卒で配属されたのは情報システム部。恥ずかしがらずに聞く・頼る、そして進めるという気持ちで業務に取り組みました。
その後、広報・宣伝部に異動し、WEBサイトの企画やSNS運営、そしてプロモーション企画立案を担当しました。何十もブランドがある中で、その商売の背景・形態を意識して、日々企画をとにかく世に出し続けていく毎日でした。アイデアが出ず苦しいときも、内に籠らずに、常に外の世界を意識しながらひたすら企画を考え続けていました。 その後は化粧品やIT企業で引き続きプロモーションの仕事に携わり、そしてご縁がありユーグレナに入社しました。」

2019年に入社した北見は、マーケティング部門に配属され、持ち前のアイデア力を発揮し、ユーグレナに新しい風を吹き込んだ。2020年には現職である広報部門に異動し、『考える』対象が会社全体にまで広がった。
「実際に入社して思うのは、技術革新は研究開発の仕事だと思っていたのは思い込みだったということです。その種を大きく育てるには、私のように企画を考える人間も必要だと気づきました。外の世界だと思っていた藻類を活用した燃料も、今では多くの研究・事業部門の仲間から進捗を聞き、広報としてどんな貢献ができるかを考えるのが楽しい日々です。」

限られた条件のなかでも、常にどこまでできるかを考える
アイデアの力でサステナブルな社会の実現を目指す。

順風満帆に思える北見だが、もちろん苦い経験も数多く乗り越えてきた。特に2020年の新型コロナウイルス感染症の蔓延は、北見にとって、新しい広報を考えるきっかけとなった。
「ユーグレナ社の実証プラントで製造したバイオ燃料をはじめて供給したのが2020年4月。ちょうど新型コロナウイルスの蔓延がはじまったタイミングで、これまで当たり前であった記者会見という手法がとれない状況下で広報的にはかなり苦しんだ年でした。バイオ燃料の初供給も現場の人数制限が必要であり、これまで10年も製造に携わってきた仲間たちですら同席できず、すごく申し訳ない気持ちでの仕事でした。」

これまで対面でのコミュニケーションが不可能となり、コロナ禍での新しいメディアコミュニケーションの確立は急務だった。
「最初はバス、そしてトラック、船舶、そして飛行機と順にバイオ燃料が導入されていきましたが、それが『本当に動くんだ」『問題なく動くんだ」ということをどうにか多くの人に伝えたいと考え、コロナ禍の状況に合わせ、メディアさんにお越しいただき、紹介をしてもらうという繰り返しでした。しかし、それだけでは足りず、メディアでの紹介に加え、自ら発信していく必要があると感じ、オウンドメディアSNSでの発信を強化しました。
その甲斐あってか、2021年4月の、ユーグレナ社のバイオ燃料を一般生活者向けに初めて行ったガソリンスタンドでの販売では、遠方からの方も含め、多くのお客様にお越しいただきました。『ユーグレナのバイオ燃料、待ってたよ!入れるのを楽しみにしてたんだ!』と声をかけていただいたときは本当に嬉しかったです。」

現在、北見は広報宣伝部の部長として、コーポレートアクションやブランドプロモーションの企画・実施、プレスリリースの発信、メディア対応など、対外に発信していく部分の責任者を務めている。
「限られた条件のなかでも、常にどこまでできるかを考えています。いつでも、どんなときでも制限はあります。その制限があるなかで、どこまで歩みを進められるか、いつもそれを意識しています。」

『考える』ことをやめずに、常に前へ前へと進み続けた北見。サステナブルな社会の実現に向けて、彼のアイデアは沸き続ける。

※インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。

エントリーは
こちら

このウェブサイトでは、サイト上での体験向上を目的にCookieを使用して、アクセスデータを取得・利用します。
本サイトをご利用になる場合、Cookieの使用に同意ください。
サイトのクッキー(Cookie)に関しては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

同意する