ユーグレナのニュース

News

ニュースリリース

2022.06.24

ユーグレナ社SAF「サステオ」継続利用の初事例
アジア航測が自社単発機で2回目のSAF「サステオ」フライトを実施

株式会社ユーグレナ

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充、以下「ユーグレナ社」)は、アジア航測株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 畠山仁、以下「アジア航測」)が保有・運航するセスナ式208型(登録番号JA11AJ)に、ユーグレナ社の製造・販売するバイオジェット燃料(以下「SAF※1」)「サステオ」を使用し、6月23日にフライトを実施したことをお知らせします。今回使用した機材は、航空測量業界では最も利用されている計測用の単発機で、ユーグレナ社のSAF「サステオ」を同一企業で複数回使用した初事例であり、今後も継続的な利用を予定しています。本フライトは、大阪・八尾空港を発着地とし、和歌山市上空を周回して、約30分間の飛行となりました。
※1 Sustainable Aviation Fuelの略称で、持続可能な航空燃料のことを指す

 

0623_1000_給油作業2給油の様子

0623_1400_飛行SAFを使用したフライト

 今回のフライトで使用したユーグレナ社のSAF「サステオ」は、原料に使用済み食用油と微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)由来の油脂を使用し、ユーグレナ社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントのBICプロセスにて製造、ASTM D7566 Annex6規格に合致したものを既存石油系ジェット燃料と混合した、環境負荷の低い燃料です。ユーグレナ社のSAF「サステオ」は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出しますが、使用済みの食用油の原材料である植物も、微細藻類ユーグレナも、成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなり、カーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されています。
 なお、今回供給された燃料は、ユーグレナ社が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業である「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築」の採択を受けて製造したものです。

 アジア航測でSAFを使用した運航は、今回で2度目となり、今後も継続的にSAFを使用していく予定です。ユーグレナ社は、今後もバイオ燃料「サステオ」の普及を目指します。

<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の製造開発、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年よりバングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」を継続的に実施。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。https://euglena.jp

以上

―報道関係者お問い合わせ先―
株式会社ユーグレナ 広報宣伝部

このウェブサイトでは、サイト上での体験向上を目的にCookieを使用して、アクセスデータを取得・利用します。
本サイトをご利用になる場合、Cookieの使用に同意ください。
サイトのクッキー(Cookie)に関しては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

同意する