euglena News

News

Press Releases

2022.03.16

定期旅客運送を行うエアライン初のユーグレナ社のバイオジェット燃料「サステオ」を使用したチャーター運航について
未来に繋がる、バイオジェット燃料 特別遊覧フライトを実施しました

 

鈴与商事株式会社
株式会社フジドリームエアラインズ
株式会社ユーグレナ

 鈴与商事株式会社(本社:静岡県静岡市清水区/本部:静岡県静岡市葵区/代表取締役社長:加藤 正博、以下、鈴与商事)、株式会社フジドリームエアラインズ(本社:静岡県静岡市清水区/代表取締役社長:楠瀬 俊一、以下、FDA)及び株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区/代表取締役社長:出雲 充、以下、ユーグレナ社)は、定期旅客運送を行うエアラインとして初めて、ユーグレナ社の製造・販売するバイオジェット燃料(以下「SAF」※1)「サステオ※2」を使用し、チャーター運航を実施したことをお知らせ致します。

JA08FJ-8号機イメージサイズ変更

 2050年カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが推進される中、鈴与グループで定期航空運送を担うFDAと、航空燃料の調達・供給を担う鈴与商事は、脱炭素社会・持続可能な社会の実現に向けた取り組みとして、2022年3月16日に、FDAのジェット旅客機(エンブラエルERJ175)にユーグレナ社SAFを給油し、富士山静岡空港~県営名古屋空港(小牧)間にてチャーター運航を実施致しました。なお、両空港におけるSAFを使用したジェット旅客機のフライトも初の試みとなります。

 鈴与グループは、これまで脱炭素社会実現に向けた取り組みとして、ユーグレナ社の次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を導入しており、2021年7月に鈴与商事において自社の宅配水配送車両へ、2021年9月に鈴与グループで国内輸送事業を担う鈴与カーゴネット株式会社(本社:静岡県静岡市
清水区、代表取締役社長:松山 典正)において異業種メーカー間で共同運行する車両へ軽油代替として給油し、トライアル運行を実施して参りました。今回のSAFの給油に使用した車両についても、次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用しております。「サステオ」を次世代バイオディーゼル燃料及びSAFの両方で使用する事例は、鈴与グループが初めてとなります。

 今回の取り組みにより得られた、地方空港におけるバイオジェット燃料の調達・供給・品質管理に関する知見をもとに、今後の本格的なバイオジェット燃料の導入に向け、検討を継続して参ります。

 鈴与グループとユーグレナ社は今後も脱炭素社会に向けた取り組みを積極的に検討し、持続可能な社会の実現を目指します。

【フライトの概要】
日 時:2022年3月16日(水)11時30分~12時30分 ※60分間の運航実施
機 材:エンブラエルERJ175 FDA8号機(カラー:ティーグリーン)
航 路:富士山静岡空港~県営名古屋空港(小牧)
便 名:FDA8100便
乗客数:77名
※鈴与商事と「再エネ100宣言 RE Action」推進に関する協定を締結し、学校の再エネ率100%に向け一緒に取り組んでいる浜松開誠館高等学校の生徒様や、2021年度Energy Pitchに参加された科学技術高等学校の生徒様(浜松開誠館高校も参加されました)をはじめ、地方自治体、空港関係の皆様等をご招待し、ご搭乗頂きました。

※1 SAF:Sustainable Aviation Fuelの略称で、持続可能な航空燃料のことを指す。
※2 サステオ:ユーグレナ社が製造・販売するバイオ燃料の名称で、使用済み食用油とユーグレナなどの藻類を原料として製造しています。
バイオ燃料は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出しますが、原料となる使用済みの食用油の原材料である植物もユーグレナも成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されています。
なお、「サステオ」のSAFは世界で初めてASTM D7566 Annex6規格(※3)の認証を取得しています。
また、今回供給された燃料は、ユーグレナ社が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業である「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築、微細藻類基盤技術開発」の採択を受けて製造したものです。
※3 ASTM D7566 Annex6の規格:微細藻類や廃食油などの生物系油脂を原料としてBICプロセスにより製造した純バイオジェット燃料に対してASTM International(旧 米国材料試験協会 American Society for Testing and Materials)が定める国際規格

【鈴与商事株式会社】
・石油製品、LPガス、電力に加え、再エネ関連やエネルギーシステム、建設資材、化学品、FA等を扱う総合商社。
・日本初となるセルフ式ガソリンスタンドの設立や、静岡県内初の分散型メガソーラーの稼働等、エネルギー企業として様々な事業を展開。
・2017年より静岡市と電力供給の一括受託とVPP(バーチャルパワープラント)を組み合わせた「静岡市 エネルギー地産地消事業」の推進、RE100電気の供給等、全国の自治体や企業と連携し、環境を通じた地域循環に資する事業に取り組んでいる。
・また、ユーグレナ社が宣言した「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す『GREEN OIL JAPAN』宣言に賛同し、「サステオ」を将来的な自治体や民間企業への展開も視野に、鈴与グループへの導入拡大を検討している。
https://www.suzuyoshoji.co.jp

【株式会社フジドリームエアラインズ】
・富士山静岡空港の開港にあわせ2009年7月より運航開始した、鈴与100%出資のリージョナル(地域)航空会社
・小型で高効率なジェット旅客機 エンブラエル170/175シリーズを計16機運用し、地域と地域を結ぶ路線を結ぶ独自のビジネスモデルを展開中。
・運航拠点は、富士山静岡空港、県営名古屋空港(小牧)、信州まつもと空港、福岡空港に加え2019年より神戸空港にも就航。2022年夏ダイヤでは、全16都市25路線を毎日92便運航。
・ユーグレナ社のサステオを含めて、バイオ燃料を使用した運航は今回の試みが初めてとなる。
https://www.fujidream.co.jp

【株式会社ユーグレナ】
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の製造開発、遺伝子解析サービスの提供を行っています。
また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナ GENKI プログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。2012年12月東証マザーズに上場。
2014年12月に東証一部市場変更。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。
https://euglena.jp

【 2022年3月16日 「バイオジェット燃料 サステオ」 導入式典の様子】

リリース使用(当日集合写真)

(右から) FDA:三輪 徳泰 代表取締役会長、鈴与商事:加藤 正博 代表取締役社長、ユーグレナ社:出雲 充 代表取締役社長

―報道関係者お問い合わせ先―
鈴与商事株式会社 経営企画部
株式会社フジドリームエアライン 広報宣伝部
株式会社ユーグレナ 広報宣伝部

This website uses cookies to acquire and use access data for the purpose of improving the experience on the site.
When using this site, please agree to the use of cookies.
Please see the "Privacy Policy" for information on site cookies.

agree