研究開発

ユーグレナの研究開発

Research & Development

日本の
バイオテクノロジーを
リードする開発領域

ミドリムシ一極集中から、
バイオテクノロジー全般へ

ミドリムシ

動物と植物の両方の性質を備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではありません。
また、ミドリムシは、光合成によって二酸化炭素を固定して成長する時、油脂分を作り出しており、これはバイオ燃料の元として利用可能です。特にミドリムシは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であるため、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっています。
さらに、ミドリムシ類特有の成分「パラミロン」の持つ力が、最新の研究で明らかになってきました。体の中の余分な脂肪を排出する働きや、免疫を活性化させる働きなど、多くの効能が確認されています。また、ミドリムシには細胞壁がないため、栄養素を効率よく消化(消化率93.1%※)。しっかり摂取することで、現代人の不規則な生活習慣、偏りがちな食のバランスを整えます。
※ タンパク質の場合 出典:農芸化学会誌第51巻第8号 P483〜P488 (1977) Euglenagracilisタンパク質の人工消化実験およびネズミ飼育試験による栄養価の決定

詳細はこちら

“ミドリムシについて一番詳しくなれる”「ユーグレナ ヘルスケア・ラボ」はこちら“ミドリムシについて一番詳しくなれる”「ユーグレナ ヘルスケア・ラボ」はこちら

研究開発領域

R & D field

研究開発領域研究開発領域

研究開発拠点

Our Laboratories

学会発表・論文

Research Paper

  • 2017年5月19日~21日(沖縄)

    発表学会
    日本栄養食糧学会
    研究演題
    Euglena gracilisの貯蔵多糖パラミロンの免疫制御の機序の検討
    著者(担当者)
    中島綾香 永澤和道 任玥 大湖菜央子 鈴木健吾 渡会浩志
    共同研究先
    東京大学
  • 2017年3月18日~20日(京都)

    発表学会
    日本農芸化学会
    研究演題
    Euglena gracilis Z及び貯蔵多糖パラミロンの肝臓線維化抑制効果
    著者(担当者)
    中島綾香 白方有香 橋口太志 吉田主税 鈴木健吾 中野長久
    共同研究先

    これまでに、ユーグレナ摂取による大腸がんや血糖値の改善、パラミロン摂取によるアトピー性皮膚炎の症状緩和や四塩化炭素で起こした肝炎の症状緩和などが各種動物試験により明らかになっている。本試験においては、ユーグレナ及びパラミロンのNASH 及び線維化に対する効果についてSTAM®マウスを用いて検証した。その結果、ユーグレナは、炎症に関与しない経路で肝臓の線維化を抑制し、パラミロンは、炎症を改善することによって、肝臓の線維化を防御した可能性が示唆された。NASH からの発癌因子である線維化を抑制することは肝がんを防ぐことにつながるため、食品としてのユーグレナ及びパラミロンを継続的に摂取することで、線維化を抑制することにより、がん発生の予防に機能する可能性がある。

  • 2016年11月7日(東京)

    発表学会
    ユーグレナ研究会
    研究演題
    Euglena gracilis Z及び貯蔵多糖パラミロンの肝臓線維化抑制効果
    著者(担当者)
    中島綾香 白方有香 橋口太志 吉田主税 鈴木健吾 中野長久
    共同研究先
  • 2016年6月17日(京都)

    発表学会
    日本炎症・再生医学学会
    研究演題
    Euglena gracilis Z 及びその糖貯蔵物質の関節リウマチ症状緩和効果
    著者(担当者)
    中島綾香 滝本博明 朝山雄太 鈴木健吾
    共同研究先
    北里大学

    本研究ではマウスコラーゲン誘発関節炎モデルを用いて、ユーグレナ、パラミロン、アモルファスパラミロンの摂取による関節リウマチに対する作用について検討した。関節炎の重症度を表す関節炎スコアを比較したところ、すべてにおいて対照群と比較して有意に低値を示した。

  • 2016年5月14日(神戸)

    発表学会
    日本栄養食糧学会
    研究演題
    クロレラのロタウイルス増殖阻害効果
    著者(担当者)
    中島綾香 曽我部りほ 金城次雄 石垣勝己 鈴木健吾 伊勢川裕二
    共同研究先
    武庫川女子大学

    ロタウイルスは消化管疾患である感染性胃腸炎を引き起こすウィルスであり、そのワクチンはすでに開発されているものの、ワクチンの無効な型やワクチンとの組換え体が存在するため、それらへの対策等が求められている。そこで本研究では、クロレラ粉末等にロタウイルス増殖阻害活性が認められるかについてin vitroで検証を行った。その結果、一部の実験区において増殖阻害活性が認められ、クロレラにはロタウイルス増殖阻害活性能があることが示唆された。

  • 2016年5月14日(神戸)

    発表学会
    日本栄養食糧学会
    研究演題
    Euglena gracilis Zのロタウイルス増殖阻害効果
    著者(担当者)
    中島綾香 曽我部りほ 鈴木健吾 伊勢川裕二
    共同研究先
    武庫川女子大学
  • 2016年3月29日(横浜)

    発表学会
    日本薬学会
    研究演題
    セルロースシングルナノファイバーのヒト皮膚繊維芽細胞に及ぼす影響
    著者(担当者)
    大湖菜央子 岩田修 中島綾香 鈴木健吾
    共同研究先

    微細藻類ユーグレナがもつ顆粒状の貯蔵多糖パラミロンは、これまでに経口投与による免疫賦活作用などの効果をもつことが明らかとなってきた。その一方で、難溶性であり、適度な粘稠性を保ちつつ溶液中に均一に分散させることが難しく、経皮投与による効果を検証することが出来なかった。そこで今回、同じ多糖であるセルロースシングルナノファイバー(TEMPO酸化セルロースナノファイバー:TOCNF)をパラミロンの分散に利用した。その結果、パラミロンが安定的に分散することがわかり、一部効果を検証した。さらにTOCNFについても、新たな有効性の検証を行った結果、ヒト皮膚線維芽細胞の増殖促進効果が見られ、かつ細胞接着に関与していることが示唆された。本研究より、パラミロンとTOCNFの相乗効果および相加効果が期待できる2つの多糖を組み合わせた新規素材を創出できる可能性が示された。

  • 2016年3月29日(札幌)

    発表学会
    日本農芸化学会
    研究演題
    クロレラのロタウイルス増殖阻害効果
    著者(担当者)
    中島綾香 曽我部りほ 金城次雄 石垣勝己 鈴木健吾 伊勢川裕二
    共同研究先
    武庫川女子大学 八重山殖産

    ロタウイルスは消化管疾患である感染性胃腸炎を引き起こすウィルスであり、そのワクチンはすでに開発されているものの、ワクチンの無効な型やワクチンとの組換え体が存在するため、それらへの対策等が求められている。そこで本研究では、クロレラ粉末等にロタウイルス増殖阻害活性が認められるかについてin vitroで検証を行った。その結果、一部の実験区において増殖阻害活性が認められ、クロレラにはロタウイルス増殖阻害活性能があることが示唆された。

  • 2016年3月24日~27日(仙台)

    発表学会
    日本薬学会
    研究演題
    ユーグレナ抽出液が脂肪細胞分化に及ぼす影響
    著者(担当者)
    大湖菜央子 阿閉耕平 三輪由布子 中島綾香 岩田修 鈴木健吾
    共同研究先

    これまで、ユーグレナ(学名:Euglena gracilis)の摂取による血糖値上昇抑制やコレステロール排出促進など、生活習慣病の改善に寄与する可能性が報告されている。本研究は、生活習慣病の1つである肥満に対するユーグレナの効果を検証するため、ユーグレナ抽出液が脂肪細胞分化に及ぼす影響を調べた。その結果より、ユーグレナ抽出液は脂肪細胞分化の抑制効果を有することが示唆された。

  • 2015年11月7日(宮崎大学)

    発表学会
    ユーグレナ研究会
    研究演題
    E. gracilis Z 及びその糖貯蔵物質の関節リウマチ症状緩和効果
    著者(担当者)
    中島綾香 滝本博明 朝山雄太 鈴木健吾
    共同研究先
    北里大学

    本研究ではマウスコラーゲン誘発関節炎モデルを用いて、ユーグレナ、パラミロン、アモルファスパラミロンの摂取による関節リウマチに対する作用について検討した。関節炎の重症度を表す関節炎スコアを比較したところ、すべてにおいて対照群と比較して有意に低値を示した。

  • 2015年11月7日(宮崎大学)

    発表学会
    ユーグレナ研究会
    研究演題
    パラミロン分解酵素endo-1,3-β-glucanaseの同定と酵素学的機能解析
    著者(担当者)
    鈴木健吾 山田康嗣 丸川祐佳 石川孝博 竹田匠
    共同研究先
    北里大学

    β-glucanaseは、ラミナリンやカードランなど、グルコースのβ-1,3-グルカンを主構造とする多糖を加水分解する酵素で、飼料添加剤や食感改良剤、ビールの濾過効率の改善剤など種々の産業利用が期待される酵素である。E. gracilisからは、これまでにexo型のβ-1,3-glucanaseが同定されていたが、近年我々は、E. gracilis溶解液から酵素活性を指標に新しく3種類のendo-1,3-β-glucanaseを精製、同定し、さらに本酵素をコードする遺伝子の塩基配列を決定することに成功した。本研究では、本酵素の代謝速度パラメーター(Km,Vmax)、基質特異性、指摘温度など、酵素学的機能解析結果について報告する。

  • 2015年10月31日(明治大学)

    発表学会
    微生物研究会
    研究演題
    微細藻類ユーグ レナの産業利用
    著者(担当者)
    中島綾香
    共同研究先

  • Category
    Others
    Journal
    Adv Exp Med Biol. 2017;979:285-293.
    Title
    Large-Scale Cultivation of Euglena.
    Author
    Suzuki K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28429327
  • Category
    Feed
    Journal
    Animal Feed Science and Technology, Volume 225, March 2017, Pages 123-133
    Title
    The effect of Euglena (Euglena gracilis) supplementation on nutrient intake, digestibility, nitrogen balance and rumen fermentation in sheep
    Author
    Ashagrie Aemiro, Peter Kiiru, Shota Watanabe, Kengo Suzuki, Masaaki Hanada,
    Link
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0377840117301360
  • Category
    Others
    Journal
    Front Microbiol. 2016 Dec 21;7:2050.
    Title
    Succinate and Lactate Production from Euglena gracilis during Dark, Anaerobic Conditions.
    Author
    Yuko Tomita, Kazumasa Yoshioka, Hiroko Iijima, Ayaka Nakashima, Osamu Iwata, Kengo Suzuki, Tomohisa Hasunuma, Akihiko Kondo, Masami Y. Hirai, Takashi Osanai*
    Link
    http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2016.02050/full
  • Category
    Healthcare
    Journal
    Food Funct. 2016 Nov 9;7(11):4655-4659.
    Title
    Oral administration of green algae, Euglena gracilis, inhibits hyperglycemia in OLETF rats, a model of spontaneous type 2 diabetes.
    Author
    Shimada R, Fujita M, Yuasa M, Sawamura H, Watanabe T, Nakashima A, Suzuki K.
    Link
    http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2016/FO/C6FO00606J#!divAbstract
  • Category
    Others
    Journal
    J Microbiol Methods. 2016 Nov;130:106-111.
    Title
    A modified single-cell electroporation method for molecule delivery into a motile protist, Euglena gracilis.
    Author
    Masashi Ohmachi, Yoshie Fujiwara, Shuki Muramatsu, Koji Yamada, Osamu Iwata, Kengo Suzuki, Dan Ohtan Wang
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27558617
  • Category
    Imaging
    Journal
    Nat Microbiol. 2016 Aug 1;1(10):16124.
    Title
    Probing the metabolic heterogeneity of live Euglena gracilis with stimulated Raman scattering microscopy
    Author
    Wakisaka Yoshifumi, Suzuki Yuta, Iwata Osamu, Nakashima Ayaka, Ito Takuro, Hirose Misa,Domon Ryota, Sugawara Mai, Tsumura Norimichi, Watarai Hiroshi, Shimobaba Tomoyoshi, Suzuki Kengo, Goda Keisuke, Ozeki Yasuyuki
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27670110
  • Category
    Imaging
    Journal
    Biomed Opt Express. 2016 Jun 20;7(7):2703-8.
    Title
    High-throughput label-free image cytometry and image-based classification of live Euglena gracilis.
    Author
    Lei C, Ito T, Ugawa M, Nozawa T, Iwata O, Maki M, Okada G, Kobayashi H, Sun X, Tiamsak P, Tsumura N, Suzuki K, Di Carlo D, Ozeki Y, Goda K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4948623/
  • Category
    Strain
    Journal
    Sci Rep. 2016 May 23;6:26327.
    Title
    Efficient selective breeding of live oil-rich Euglena gracilis with fluorescence-activated cell sorting
    Author
    Koji Yamada, Hideyuki Suzuki, Takuto Takeuchi, Yusuke Kazama, Sharbanee Mitra, Tomoko Abe, Keisuke Goda, Kengo Suzuki, Osamu Iwata
    Link
    https://www.nature.com/articles/srep26327
  • Category
    Strain
    Journal
    Biosci Biotechnol Biochem. 2016 Aug;80(8):1650-6.
    Title
    Production of a thermal stress resistant mutant Euglena gracilis strain using Fe-ion beam irradiation.
    Author
    Yamada K, Kazama Y, Mitra S, Marukawa Y, Arashida R, Abe T, Ishikawa T, Suzuki K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27075598
  • Category
    Feed
    Journal
    Animal Feed Science and Technology,Volume 212, February 2016, Pages 129-135
    Title
    Effects of Euglena (Euglena gracilis) supplemented to diet (forage: concentrate ratios of 60:40) on the basic ruminal fermentation and methane emissions in in vitro condition
    Author
    Ashagrie Aemiro, Shota Watanabe, Kengo Suzuki, Masaaki Hanada, Kazutaka Umetsu, Takehiro Nishida
    Link
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0377840115300857
  • Category
    Others
    Journal
    Mar Drugs. 2015 Aug 20;13(8):5334-57.
    Title
    Effect of an Introduced Phytoene Synthase Gene Expression on Carotenoid Biosynthesis in the Marine Diatom Phaeodactylum tricornutum
    Author
    Kadono T, Kira N, Suzuki K, Iwata O, Ohama T, Okada S, Nishimura T, Akakabe M, Tsuda M, Adachi M.
    Link
    http://www.mdpi.com/1660-3397/13/8/5334
  • Category
    Others
    Journal
    Phytochemistry. 2015 Aug;116:21-7.
    Title
    Identification and enzymatic characterization of an endo-1,3-β-glucanase from Euglena gracilis.
    Author
    Takeda T, Nakano Y, Takahashi M, Konno N, Sakamoto Y, Arashida R, Marukawa Y, Yoshida E, Ishikawa T, Suzuki K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26028521
  • Category
    Others
    Journal
    Biotechnol Biofuels. 2015 May 30;8:80.
    Title
    Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by expression of cyanobacterial fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase leads to increases in biomass and wax ester production
    Author
    Takahisa Ogawa, Masahiro Tamoi, Ayako Kimura, Ayaka Mine, Harumi Sakuyama, Eriko Yoshida, Takanori Maruta, Kengo Suzuki, Takahiro Ishikawa and Shigeru Shigeoka
    Link
    https://biotechnologyforbiofuels.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13068-015-0264-5
  • Category
    Strain
    Journal
    Biosci Biotechnol Biochem. 2015;79(10):1730-6.
    Title
    Selection and characterization of Eugelna anabaena var. minor as a new candidate Euglena species for industrial application
    Author
    Suzuki K, Mitra S, Iwata O, Ishikawa T, Kato S, Yamada K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25988946
  • Category
    Healthcare
    Journal
    Food Funct. 2013 Nov;4(11):1685-90.
    Title
    Antitumor activity of the β-glucan paramylon from Euglena against preneoplastic colonic aberrant crypt foci in mice.
    Author
    Watanabe T, Shimada R, Matsuyama A, Yuasa M, Sawamura H, Yoshida E, Suzuki K.
    Link
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24104447
  • Category
    Healthcare
    Journal
    J Vet Med Sci. 2010 Jun;72(6):755-63.
    Title
    Oral administration of paramylon, a beta-1,3-D-glucan isolated from Euglena gracilis Z inhibits development of atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Nga mice.
    Author
    Sugiyama A, Hata S, Suzuki K, Yoshida E, Nakano R, Mitra S, Arashida R, Asayama Y, Yabuta Y, Takeuchi T.
    Link
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvms/72/6/72_09-0526/_article
  • Category
    Healthcare
    Journal
    J Vet Med Sci. 2009 Jul;71(7):885-90.
    Title
    Hepatoprotective effects of paramylon, a beta-1, 3-D-glucan isolated from Euglena gracilis Z, on acute liver injury induced by carbon tetrachloride in rats.
    Author
    Sugiyama A, Suzuki K, Mitra S, Arashida R, Yoshida E, Nakano R, Yabuta Y, Takeuchi T.
    Link
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvms/71/7/71_7_885/_article

ひとめで分かるミドリムシ

Euglena at a glance

ひとめで分かるユーグレナ

Company at a glance