研究開発

ユーグレナの研究開発

Research & Development

日本の
バイオテクノロジーを
リードする開発領域

ミドリムシ一極集中から、
バイオテクノロジー全般へ

ミドリムシ

動物と植物の両方の性質を備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではありません。
また、ミドリムシは、光合成によって二酸化炭素を固定して成長する時、油脂分を作り出しており、これはバイオ燃料の元として利用可能です。特にミドリムシは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であるため、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっています。
さらに、ミドリムシ類特有の成分「パラミロン」の持つ力が、最新の研究で明らかになってきました。体の中の余分な脂肪を排出する働きや、免疫を活性化させる働きなど、多くの効能が確認されています。また、ミドリムシには細胞壁がないため、栄養素を効率よく消化(消化率93.1%※)。しっかり摂取することで、現代人の不規則な生活習慣、偏りがちな食のバランスを整えます。
※ タンパク質の場合 出典:農芸化学会誌第51巻第8号 P483〜P488 (1977) Euglenagracilisタンパク質の人工消化実験およびネズミ飼育試験による栄養価の決定

詳細はこちら

研究開発領域

R & D field

研究開発領域研究開発領域

研究開発拠点

Our Laboratories

ひとめで分かるミドリムシ

Euglena at a glance

ひとめで分かるユーグレナ

Company at a glance