ユーグレナのニュース

News

ニュースリリース

2017.09.19

~NPO法人アイセック・ジャパン×株式会社ユーグレナ~
社会を変える若きリーダーの育成を目指す
共同プログラム「Another Future Leaders」を10月より開始します

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン
株式会社ユーグレナ

 特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務 茂夫、以下アイセック)は、設立55周年の記念プログラムとして、株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充、以下ユーグレナ社)と連携し、社会を変える若きリーダーの育成を推進していくことを目指す共同プログラム「Another Future Leaders(アナザーフューチャーリーダーズ)」を10月1日付で開始します。
 共同プログラムでは、学生が世界を変えるリーダーとなるための志と経験を得るための機会創出として、専用のWebメディアの立ち上げのほか、フォーラムの実施、ユーグレナ社と海外でのインターンシップが可能なプログラムの提供を行います。

■共同プログラム「Another Future Leaders」の実施について
 アイセックは、55年に渡って若きリーダーの育成を目標に大学生向けの海外インターンシッププログラムを運営し続けています。そしてユーグレナ社の社長・出雲は、大学生時代にアイセックのインターンシッププログラムにてバングラデシュ人民共和国を訪問し、現地の食事情から地球上における栄養失調問題の解決を目指したことをきっかけに創業しました。
 今回の共同プログラム「Another Future Leaders」は、アイセックは設立55周年の記念プログラムとして、ユーグレナ社は自らの経験を生かした若手の育成支援として、「もうひとつの新しい未来」の創出を担う若手リーダーの誕生に向けたきっかけや経験の提供を行います。

■共同プログラム「Another Future Leaders」の概要
 共同プログラム「Another Future Leaders」は、学生が世の中にある課題に対して認知、共感、実行、実践する経験を提供し、志を醸成することを目的に、以下の3つのプログラムを実施します。

(1)Youth Speak Media(ユーススピークメディア)

アイセック画像1

学生を主役としたWebメディアを開始し、ロールモデルとなる社会を変えるリーダーのインタビューや学生自身の声の発信を通じて、若者が社会に対してアクションを起こすきっかけを提供します。
<コンテンツ例>
・Youth Column:若者にアクションを促すコラム記事の掲載
・Youth Report:活躍する若者の連載型レポート記事の掲載

 

(2)Youth Speak Forum(ユーススピークフォーラム)

アイセック画像2

300~500人規模の学生向けフォーラムを開催し、若手起業家の講演や参加者自身が次のアクションを発表する機会を設けることで、参加する学生が社会に対する行動を起こしていくことを促します。(開催予定日:2018年3月)

 
 
 
 
(3)Another Future Leaders(アナザーフューチャーリーダーズ)

アイセック画像3

ユーグレナ社でのインターン後に、アイセックが提供する海外インターンに渡航することができるプログラムです。ユーグレナ社でのインターンでの活躍に応じて、海外渡航費が補助されます。(実施時期:2017年11月~2018年3月)

 

<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売を行うほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。
HP:http://euglena.jp/

<特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて>
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部です。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25大学の委員会で約1,600名が活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行っています。
HP:http://www.aiesec.jp/

以上

―報道関係者お問い合わせ先―
株式会社ユーグレナ 広報IR課