ユーグレナのニュース

News

ニュースリリース

2018.08.21

リアルテックファンドによる創造性拡張教室「Mitaxis Class」
第2回は「触れないものを触る」をテーマに生命の本質に迫る

1

Copyright © Hideo Iwasaki, All Rights Reserved.

 ユーグレナグループの株式会社ユーグレナインベストメントなどが運営する研究開発特化型ベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」(代表:永田暁彦)は、2018年7月に「サイエンス&アート」をテーマとした創造性拡張実験プロジェクト「Mitaxis(ミタクシス)」を始動し、第一弾企画として、未知なるものに向き合い表現する能力を鍛える教室、「Mitaxis Class(ミタクシス・クラス)」を開講しました(第1回: http://www.euglena.jp/news/20180709-2/ )。
 毎回、講師としてサイエンスとアートの双方から生まれる「表現」を実践する方を招き、レクチャー受講と参加者全員による表現ワークからなる一連の体験プログラムを提供します。

 7月20日に開催した第1回ではサイエンティスト脇田玲氏による「見えないものを見る」レクチャー&ワークを実施しました。第2回となる今回は生命科学研究者でバイオアートの先駆者でもある岩崎秀雄氏を講師にお迎えし、手に触れることが難しい生物学領域や【生命】という捉え難い概念へ迫ろうとする岩崎氏とともに、「触れないものを触る」という未知の表現に挑戦します。

■「Mitaxis Class Vol.2」開催概要
◎イベント名:「Mitaxis Class Vol.2 -触れないものを触る-」
◎開催日時:2018年8月29日(水)19:00-21:00(受付開始:18:30〜)
◎会場:〒108-0014 東京都港区芝五丁目29番11号 G-BASE田町 3階
(株式会社ユーグレナ田町オフィス内)
◎定員:一般募集 20名
◎会費:1,000円
◎申し込み方法:Peatix(以下リンクより申し込み) https://realtech-002.peatix.com/
◎タイムスケジュール
18:30- 開場、受付開始
19:00 – 19:10 はじめに(プロジェクト代表:永田暁彦)
19:10 – 19:50 レクチャー(講師:岩崎秀雄)
19:50 – 20:00 休憩
20:00 – 20:30 表現ワーク
20:30 – 21:00 講評会
※プログラムは予告なく変更される場合があります。2

■ 講師プロフィール:岩崎秀雄 | Hideo Iwasaki
生命科学研究者・造形作家。生命に関する科学と芸術の臨界、とくに生命を記述/体感/創造することと、芸術を言及/体感/具現化することの共振性に強い関心を持つ。バクテリアの時空間パターン形成の研究、生命リズムの科学思想史的研究、抽象的な切り絵の立体表現、微生物を用いた作品制作などを分野横断的に手掛け、それらの関連性を考察し続けている。著書に『<生命>とは何だろうか:表現する生物学、思考する芸術』(講談社現代新書)。1971年生。早稲田大学理工学術院教授、生命美学プラットフォーム「metaPhorest(メタフォレスト)」主催。http://metaphorest.net/residents/currentmembers/hideoiwasaki/38
2
■ プロジェクト代表:永田暁彦 |Akihiko Nagata


リアルテックファンド代表 / 株式会社ユーグレナ 取締役CFO
独立系プライベートエクイティファンド出身。2008年に株式会社ユーグレナの取締役に就任。ユーグレナにおいては、事業戦略立案、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門構築、東証マザーズ・東証一部上場など、技術を支える戦略、ファイナンス、管理業務分野を担当し、当該領域に精通。リアルテックファンドでは、代表としてファンド運営全般を統括する。

■ 創造性拡張実験プロジェクト「Mitaxis(ミタクシス)」について
「Mitaxis」とは、ユーグレナ(ミドリムシ)が光を刺激源にして移動する性質「Phototaxis(走光性)」と、未知・未来・未踏の未(ミ)を合わせた、「走未性(未知への志向性)」をあらわす造語です。過去に類を見ないほど急激に変容し続けている現代社会では、多くの人々が溢れる情報に疲弊し、将来に対する不安と疑念に包まれています。このような複雑で先行きの見えない世界で、個々人が自立性を持ち自分らしく生きていくためには、積極的に未知なるものに向き合い、より良い未来を可視化していく必要があります。
リアルテックファンドの投資支援先ベンチャ-企業や株式会社ユーグレナのサイエンティスト(研究者や開発者)たちは、未知なるものへ果敢に挑む「探求者」であり、一方でアーティスト(芸術家)は未知なるものを可視化する能力に長けた「表現者」と言えます。つまり両者は能力や職業は違えど、「未知なるものへの志向性=Mitaxis」という大きな共通点があります。
Mitaxisプロジェクトは、「サイエンス」と「アート」に共通する未知なるものへの向き合い方を学び、人々の創造性を拡張する実験の場であり、「探求者」と「表現者」が互いの強みを補い合うことで、より良い未来を牽引していく思考法や表現力が培われていくと信じています。

■ リアルテックファンドについて4
ユーグレナ社の100%子会社であるユーグレナインベストメント、SMBC日興証券、リバネスが 3 社 で設立した「合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル」が管理運営するベンチャーキャピタルファンドで、リアルテックベンチャーの投資育成を主目的としています。参加企業は合計 30社、ファンド規模は94億円(2018年4月現在)で、日本最大級のリアルテック特化型ファンドです。出資者である事業会社とともに、リアルテックベンチャーへの投資・育成を行っています。2015年設立。
(HP:http://www.realtech.fund

– 報道関係者お問い合わせ先 –
株式会社ユーグレナインベストメント 広報担当