役員インタビュー

役員インタビュー

Board Member Intervi

人と地球のために不可能を可能にする
"Because of euglena."の精神

取締役副社長
永田 暁彦

意思決定のひとつひとつにも
「ユーグリズム」の精神が宿っている

私と株式会社ユーグレナとの出会いは、他の3人の創業メンバーとは少し異なります。2007年、ある投資ファンドに入社した私の投資育成担当先だったのがユーグレナ社でした。翌年の2008年には、新卒わずか2年目にしてユーグレナ社の社外役員になるのですが、「こんな若造で大丈夫か?」と、社長の出雲も当時は不安だったと思います。そんな出雲を見返してやりたいと、いくつかあった担当先の中でもユーグレナ社に一番リソースを割きました。2009年の冬に2億円を調達し、ファイナンスに関する信頼と実績を得た私は、出雲の依頼を受けて、2010年3月末に投資ファンドを辞めてユーグレナ社に完全移籍したのです。

経営戦略部の仕事は、ひとつは出雲、研究部門、ヘルスケア部門というスペシャリティを持った人たちが、それぞれ自分の本業だけに集中できるような環境をととのえること。不自由のない環境を作って「これがないからできない」という言い訳をさせないということでもあります。もうひとつは、M&Aによって新しい素材や事業を持ち込んで、当社のカルチャーやストラテジーの先にあるものを生み出していくこと。どちらにしても、めちゃくちゃ走り回る3人にパスを出すのが経営戦略部の役割であり、ポイントを決めるのは常に研究部門やヘルスケア部門です。なぜそんな裏方の役割を率先してやっているかといえば、私が創業メンバー3人を本当に素晴らしいと尊敬しているから。上場企業として多くの株主や顧客から厳しい目と外圧に晒されているはずなのに、彼らはそのプレッシャーを社内にまったく持ち込みません。「ユーグレナならこうするだろう」という理念で行動することはあっても、「これをやらないと対外的にまずいから」といった圧力で何かをしたことがないんです。意思決定の選択ひとつひとつに、「ユーグリズム」に象徴される精神とカルチャーが宿っているんですよ。だからこそ、彼らが一番活躍できるフィールドや、ジャンプするジャンプ台を用意するのが、自分の役割だと思っています。

来たるべき社会のために
みんなで手を取り合いたい

20世紀までは、産業と自然とは両立し得ないものでした。ものを作れば、ゴミや廃棄物が生まれるのが当たり前。しかしそれでは、地球環境は悪くなる一方です。石油や鉱物資源もいつか必ず底を尽きます。だから、私たち株式会社ユーグレナが目指しているのは、≪サスティナブル(持続可能)な循環型社会≫です。21世紀は、産業が発展すればするほど、ものを生産すればするほど、自然環境にも良い影響を与えるようになる、そんな社会を作らなければいけません。「そんなうまい話はないよ」「まだ時期尚早だよ」という声は、たくさんあります。現在、権益を得ている生産手段や産業構造を変えたくない人。自分たちが生きているうちに石油が枯渇しなければそれでいいと思っている人。彼らとは、これから衝突することもあるかもしれません。しかし、私たちがやろうとしているのは、100年先を見据えた事業です。作るときにCO2や廃棄物が出て地球を汚すようなものは、どんなにいいものであっても一個も売れなくなる、そんな時代が必ずやってきます。46億年の地球の歴史の中で、自然環境を代償とするようなやり方が優位だったのは、産業革命からせいぜい2050年までの、たかだか300年足らずのわずかな期間なのです。

もちろん、こうした21世紀型の循環型社会を実現するには、フィロソフィー(思想)を共有して共に取り組んでくれる仲間や協力者が不可欠です。「n=1」では、ただの異常値で終わってしまう。第二、第三のユーグレナ社が後に続く必要があります。私たちがやろうとしているのはまったく新しいことですから、受験勉強とは違い、参考書の最後の答えのページは白紙です。今のやり方を変えるには度胸と勇気が必要ですし、「本当にそんな社会になるのか?」と不安な人もいるでしょう。私たちは、壮大な肝試しをしているのかもしれません。しかし、これは決して丁半博打ではないのです。始めるのが早いか遅いかの違いだけで、社会のマジョリティはゆくゆく必ず持続可能なスタイルが主流になります。今はまだ、「もしも循環型社会が来たときに取り残されないように、保険としてユーグレナ社に協力しておこう」という気持ちでも構いません。私たちの役割は、そんな人たちに「絶対大丈夫ですから、安心してついてきてください」と道を示し続けることです。さあ、私たちと一緒に、産業と自然が共生できる、新しい社会を作り出していきましょう。

役員インタビュー