仲間インタビュー

管理部 総務人事課長 芦田 和佳

大学院を卒業後、新卒でユーグレナに入社。
総務人事として、働きやすい会社を

大学院を卒業後、新卒でユーグレナに入社。総務人事として、働きやすい会社を

研究者としての経験を活かし、会社をサポート

私の所属していた研究室とユーグレナが共同研究していたことがきっかけです。私が入社した当時は規模も小さく、知名度もない会社でしたが、とにかく挑戦してみようと思い入社しました。
学生の頃は、農学部で研究を行っていましたが、研究者としての立場だけでなく様々な角度から研究に触れ、研究の成果を応用・展開し、社会に貢献していく流れをサポートしたいという思いで、研究職ではなく管理部を志望しました。

状況に応じて必要なことを取り入れる

私は入社し8年が経ちますが、常に会社が変化していると感じています。入社した当時は仲間も15名程で体制も整っておらず、何とか形を作っていくというような状況でした。現在は仲間も100名を超え、社内の体制も以前と比べ整ってきています。どの時期も同じ状況にあることはなく、その時その時で必要なことをとり入れ、走り抜けている感覚です。
社内は部署や役職関係なく意見を言いやすい風通しの良い環境だと思います。

総務人事全般の仕事をしています。人事では、採用、福利厚生、労務対応、人事制度の企画・運営、教育研修、総務では、株主総会、イベント開催、オフィスの環境整備、文書管理等を行っています。
毎月のルーティン業務も多いチームではありますが、最近では新しい福利厚生制度の企画を行いました。とにかく「ユーグレナらしい」他の会社にはない制度という軸で、福利厚生プロジェクトを立ち上げ、仲間へのヒアリングを中心に、マニュアルの作成、冊子制作、説明会の実施を行い、福利厚生制度の運用をスタートすることができました。また、12月に開催する株主総会も大きなイベントの一つです。

現在行っている仕事を通して人事制度全般の知識を身に付け、経験を積んだ後、設立当初のユーグレナのような規模の小さい会社の人事制度を文化に合わせて設計していくということをやってみたいなと思っています。今は修行中です。

どうしたら働きやすいか、を考えられる人

会社の仲間が、どうしたら働きやすいかということを考え、自発的に行動できる方が多く働いています。
総務人事は非営業部門ではありますが、社内の皆さんがお客様ですので、総務人事のご経験がない営業経験者の方もご興味のある方はぜひご応募ください。

※ 内容は2016年8月当時
 

Other employee interviews