vol.07 「ミドリムシ」の名前を武器にせよ。

euglena Project

07

「ミドリムシ」の名前を
武器にせよ。

日本科学未来館での『ミドリムシクッキー』販売

2009.05 - 2010.03

完了

「ミドリムシ」という名前の使用がタブーだった時代

実は、当社は2009年まで堂々と「ミドリムシ」という名前で商品を売ってこなかった。ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はワカメや昆布と同じ藻の一種だが、ミドリムシという語感から青虫やイモムシの仲間だと思われてイメージが悪くなることを恐れていたのだ。当社が商品販売を開始した2006年から、営業の担当取締役の福本たちは商品にユーグレナと名付けて販売し、ゼロから消費者のイメージをつくる戦略をとっていた。

2009年4月、そんな状況下に研究員として新卒で入社したのが、今回のプロジェクトのメンバーである朝山だ。朝山が入社してから1カ月後の2009年5月、国の科学館である日本科学未来館から当社宛てに企画展への協力依頼があった。年に数回、企画展を実施して先端の科学技術がもたらす変化や新しい世界に焦点を当てる活動をしており、今回は食に関する企画展「'おいしく、食べる’の科学展」を開催するので「未来の食」のコーナーでミドリムシを取り上げたいというのだ。

「これは…!」
当時当社の仲間はわずか約20名。社内全体に共有された企画依頼のメールを見た朝山は、研究のバックグラウンドがあったためいち早く案件のよさに気づき、自ら志願して担当者となった。

2009年入社当時の朝山

「ミドリムシ」という名前を武器にするまで

朝山は、日本科学未来館とやり取りする中で「お土産を作りたいのだがどうか?」という提案を受けた。「未来の食というテーマなので、未来の食料であるミドリムシの味と風味が分かるものを作りたい。お客さまにとってお土産はネタになるものであればあるほど面白いし、どうだろうか?」というのだ。

「ネタになるものか…。これだ!」
朝山がひらめいたのは、これまでタブーとされていた「ミドリムシ」という名前をつけてクッキーを売ることだった。

朝山はさっそく取締役の福本に提案した。
「福本さん、これは絶対にチャンスです。日本科学未来館は日本でトップクラスの科学館です。科学を正しく伝えることが役割の人たちが運営しているので、面白がるだけでなくミドリムシの素晴らしさをちゃんと伝えてくれるはずです。ここで『ミドリムシクッキー』と名付けて商品を売ってみましょう!」

福本は、新卒の仲間からの突拍子もない提案に思わず渋った。それもそのはず、この提案を受け入れたら「ミドリムシ」ではなく「ユーグレナ」という名前で商品を世の中に定着させようとしてきたこれまでの戦略が崩れてしまう…。ただ、「ミドリムシ」という名前で商品を売ったこともなく、それが本当に売れないのか確かめたことはなかった。
「よし。そんなに言うなら試してみるか。ただし、クッキーの賞味期限の1年以内に在庫予定となる1万箱は売り切ってくれ」
営業担当であった村花も、
「僕も協力するからやってみよう」
と1万箱売ることを約束してくれた。

2009年11月、ついに日本科学未来館の展示会の開催と同時に『ミドリムシクッキー』の販売を開始した。
すると、『ミドリムシクッキー』というキャッチーな名前が、来場者のみならずメディアの注目を集め、テレビや新聞などで頻繁に取り上げられた。たちまち『ミドリムシクッキー』は月に2,000~3,000箱ほど飛ぶように売れ、朝山と村花は期限を待たずして1万箱を売り切った。

日本科学未来館でミドリムシクッキーを販売しているときの様子(2009年11月撮影)

メディアに取り上げられるたびに、少しずつ世の中にミドリムシは体にいいらしいというイメージが広がった。さらにその広がりが当社のその他商品の売り上げにも良い影響を与えた。そう、まさにこの『ミドリムシクッキー』が「ミドリムシ」という名前を世間に広めるきっかけをつくったのだ。

企画展「'おいしく、食べる’の科学展」終了後も、ミドリムシクッキーは日本科学館内の「Miraikan Shop」で販売されており、2017年8月も売り上げ1位の大人気商品だ。

2017年8月掲出

euglena Data

『ミドリムシクッキー』のパッケージ。
「お客さまがお土産にしてネタになる」という観点から、
1枚にミドリムシが2億個入っていることを記載。

登場人物

ヘルスケア事業本部
ライフサイエンス研究課 課長
朝山 雄太

2009年4月、新卒入社。新卒入社して1カ月後に日本科学未来館のプロジェクトを担当する。現在は、ライフサイエンス研究課にて、素材機能性の応用研究、新しい素材の開発、原料・製品の品質保証・安全管理・認証取得等を担当。

「ミドリムシの良さと可能性を、研究者として正しく、わかりやすく伝えたい」そんな気持ちから始まった取り組みでした。多くの人にミドリムシを知っていただけてとてもありがたく思っています。

euglena Projects

vol.00

バングラデシュの子どもたちを
救う素材を探せ。

vol.01

誰もなし得ていない、ミドリムシの
屋外大量培養技術を確立せよ。

vol.02

ミドリムシを
300億円市場に育て上げよ。

vol.03

バングラデシュの
全ての小学校に給食を。

vol.04

煙突から排出されるCO2
ミドリムシを培養せよ。

vol.05

ミドリムシの化粧品事業を
立ち上げよ。

vol.06

日本初のバイオジェット燃料
製造プラントを建設せよ。

vol.07

「ミドリムシ」の名前を
武器にせよ。

トップに戻る