vol.19 ミドリムシのカフェを石垣島で開店せよ。

euglena Project

19

ミドリムシのカフェを
石垣島で開店せよ。

「ユーグレナ・ガーデン」の立ち上げ

2012.11-2013.03

完了

インターン入社日に頼まれた仕事は、
石垣島でカフェを立ち上げるというプロジェクト

2011年11月のある日、
「長瀬くん、入社前にインターンする?」
とユーグレナ社に内定が決まっていた長瀬は、取締役CMOの福本からインターンの話を持ち掛けられた。

そして始まったインターンの初日、オリエンテーション後にメールを開くと、そこにはさっそく福本から仕事の依頼が届いていた。
「ミドリムシの生産拠点である石垣島に、ミドリムシのカフェの新規立ち上げを計画している。プロジェクトメンバーのひとりとして、現地のカフェの市場調査と家具の選定をしてくれないか?」
「承知しました…!」
少し緊張しつつも返信した。

取締役CMOの福本は、石垣島の方々に日頃の感謝の気持ちを伝えると同時に、ミドリムシ商品やユーグレナ社について発信できる新しいアンテナショップの形として、石垣島でミドリムシ料理が楽しめるカフェを立ち上げようと計画していた。そして、まさにこのプロジェクトを本格的に始動するタイミングで、長瀬に加わってもらったのだ。

作業中の長瀬の様子

長瀬は大学院在学中、石垣島など沖縄県にサンゴ礁の保全活動を行う学生団体の活動で頻繁に訪れていたこともあり、お世話になった方々のいる石垣島で仕事ができると思うと心が躍った。

石垣島にアンテナショップ兼カフェの
「ユーグレナ・ガーデン」を立ち上げる

長瀬は、備品関係のリサーチをしたり、ときには福本と一緒に食器や家具を見に行ったりしながら準備を進めた。
2013年の年明けには一気に作業スピードを上げていき、福本たちがカフェで提供する料理を試作していく傍ら、長瀬はインターン生ながらも家具、食器、レジ、無線wifiの手配や、ミドリムシ入りのお酒「みどり酒」を使ったメニューを店で提供するため酒販免許の取得に向けて奔走した。
特に酒販免許の取得はゼロから調べて取り組まねばならず、初めての実務に戸惑いながらも、持ち前の行動力でどんどん情報を集めていった。

そして、カフェのオープンの数週間前、長瀬は現地での準備のため福本とともに沖縄県石垣島に飛んだ。
実際にカフェを訪れると、店の中はまだほぼ何もない状態。
「これは自分も主体的に動かないと間に合わないぞ…!」

焦る気持ちを情熱に変えて、カフェに訪れる人が笑顔になってくれる姿を思い浮かべながら、施工会社の方たちとともにカフェに設置するテーブルや椅子を一つひとつ作りあげていった。

オープン数週間前の「ユーグレナ・ガーデン」の様子

そして、2013年3月27日。
ついに「ユーグレナ・ガーデン」*1がオープンを迎えた。
*1:正式名称は「ISHIGAKI EUGLENA GARDEN(イシガキ ユーグレナガーデン)」

ユーグレナ・ガーデン店内
こだわって作った家具のおかげでくつろげる空間に仕上がった

石垣島の中心地にある商店街「ユーグレナモール」の隣接地に開店し、商店街振興組合の協力のもと、石垣島と周辺の地域の観光情報や、ユーグレナ社が石垣島で生産している石垣産ユーグレナを軸に展開する商品の情報発信を行う“アンテナショップ”として営業を開始したのだ。

また、ユーグレナ・ガーデンで出すメニューは、すべて石垣産ユーグレナや石垣島の食材を使用した創作料理として、地元の方だけでなく観光客の皆さまにも楽しんでいただけるよう工夫した。

提供しているメニューのイメージ画像*2とユーグレナ・ガーデンの看板
*2:2013年当時の写真。現在テラスの解放は終了

「学生時代に育ててもらった沖縄や石垣島の人たちに恩返ししたい」という想いからユーグレナ社に入社した長瀬。
「ユーグレナ・ガーデンの活動が、少しでも石垣島や観光客の皆さんが喜んでくれるきっかけになっていたら…」と当時を振り返る長瀬からは、沖縄、そして石垣島への愛と感謝の気持ちが溢れんばかりに伝わってくるのだった。

【ユーグレナ・ガーデンの概要】
アクセス:沖縄県石垣市大川270-2
営業時間:ランチタイム11:00~17:00、ディナータイム17:00~22:00 (21:30 L.O.)定休日なし

2018年8月掲出

euglena Data

~「ユーグレナ・ガーデン」のメニュー(一部)~

2018年8月現在

登場人物

営業部 流通営業課
チームリーダー
長瀬 雄貴

2013年4月新卒入社。
ユーグレナ社にインターンして「ユーグレナ・ガーデン」の立ち上げに注力。入社以来、持ち前の明るさと行動力を活かして、流通営業課で大手小売り(スーパーなど)や大手食品卸への営業を担当。

「学生時代に尽力していたサンゴ礁保全活動の関係でユーグレナ社へ訪問して、「ここならお世話になった石垣島の皆さんに恩返しができるかもしれない」と思ったのが入社のきっかけです。石垣島×ミドリムシの魅力を日本全国へ広げるべく、これからも営業活動に取り組んでまいります!」

euglena Projects

vol.00

バングラデシュの子どもたちを
救う素材を探せ。

vol.01

誰もなし得ていない、ミドリムシの
屋外大量培養技術を確立せよ。

vol.02

ミドリムシを
300億円市場に育て上げよ。

vol.03

バングラデシュの
全ての小学校に給食を。

vol.04

煙突から排出されるCO2
ミドリムシを培養せよ。

vol.05

ミドリムシの化粧品事業を
立ち上げよ。

vol.06

日本初のバイオジェット燃料
製造プラントを建設せよ。

vol.07

「ミドリムシ」の名前を
武器にせよ。

vol.08

中国にミドリムシを
普及せよ。

vol.09

スーパーユーグレナを
獲得せよ。

vol.10

バングラデシュの
貧困問題を
緑豆事業で解決せよ。

vol.11

ミドリムシでタケダと
新商品を開発せよ。

vol.12

下水処理場の下水を活用し、
ミドリムシを培養せよ。

vol.13

ユーグレナの仲間の
「行動指針」を作成せよ。

vol.14

日本独自の技術で、
ミドリムシを培養せよ。

vol.15

仲間がより働きやすい
オフィスを追求せよ。

vol.16

ゆーぐりん保育園を
オフィスに併設せよ。

vol.17

ミドリムシで石垣島の
地域活性化に貢献せよ。

vol.18

ミドリムシの認知度を上げる
新商品を共同開発せよ

vol.19

ミドリムシのカフェを
石垣島で開店せよ。

vol.20

ミドリムシを飼料にして
比内地鶏を育成せよ。

vol.21

ミドリムシ入りディーゼル燃料を
いすゞ自動車と共同で実用化せよ。

トップに戻る