ユーグレナのニュース

News

ニュースリリース

2017.10.30

ユーグレナ社、2人目となるトップアスリートを採用
~パラアーチェリー・服部和正選手が11月1日に入社~

株式会社ユーグレナ

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、パラアーチェリーの日本代表選手である服部和正選手(はっとりかずまさ、以下服部選手)を11月1日付で採用することをお知らせします。なお、今回の採用は公益財団法人日本オリンピック委員会(以下JOC)が推進するトップアスリート就職支援ナビゲート「アスナビ」を活用しており、当社として2人目のトップアスリートの入社となります。

無題

 服部選手は、2017年全日本社会人ターゲットアーチェリー選手権大会で8位入賞し、2017年度日本身体障害者アーチェリー連盟(公認記録)ランキングでコンパウンド男子部門にて2位にランクインするなどの成績を収めており、パラアーチェリー選手としての活躍が今後も期待されています。
 当社では服部選手を仲間として迎えることで、トップアスリートとしての活動を全面的にバックアップするとともに、服部選手の豊富な実務経験や人事・労務分野の知見を組織づくりに活かしていきます。※コンパウンド…アーチェリー競技で使用される弓の種類。
 詳細は以下の通りです。

服部選手の入社について

■プロフィール
氏  名:服部和正(はっとりかずまさ)
生年月日:1957年2月21日
出  身:岐阜県大垣市
競技種目:パラアーチェリー
主な実績:2013年 パラアーチェリー世界選手権 出場
     2013年 ジャパンパラアーチェリー競技大会 優勝(2011年から連覇)
     2014年 仁川アジアパラ競技大会 出場
     2017年 全日本社会人ターゲットアーチェリー選手権大会 8位

<服部選手のコメント>
このたび「アスナビ」を通じて、株式会社ユーグレナへの入社が決定しました。若々しい会社で新鮮な刺激をもらいながら、36年間で培ってきた実務経験をさまざまな場面で活かせればと心躍る気持ちです。また、競技や練習時間の確保には多大なご配慮をいただき、憂いなくアーチェリーに専念できる環境となりました。自分に甘えることなく、国内外の大会でより高い成果を出して、皆さまのご厚情に応えていきたいと思います。
パラアーチェリー日本代表として闘ってきた10年間の実績を武器に、パラリンピックに懸けた夢を2020東京で実現させるため、そして歓喜の瞬間を新たな仲間と一緒に味わうために、これからも一層頑張ります。

パラアーチェリーについて
アーチェリーは、的を狙って矢を放ち、当たった場所によって得られる得点で勝敗を競う競技です。選手は障害の種類や程度、男女別等によってクラスに分類され、技を競い合います。

アスナビについて
JOCが2010年より実施。企業・アスリートの相互理解を図り、両者にとって有益なマッチング(トップアスリートの支援・雇用)を実現させる活動です。世界を目指すトップアスリートの生活環境を安定させることで、競技を安心して続けられる環境を作り、雇用側と双方にとってWin-Winの関係を目指します。なお、2014年8月、日本パラリンピック委員会(JPC)と協定を締結し、パラリンピックを目指すトップアスリートの就職支援も実施しています。

以上

 ―報道関係者お問い合わせ先―
株式会社ユーグレナ コーポレートコミュニケーション課