ユーグレナ

自分のカラダを知れば、未来が変わる。	本当の自分と向き合うなら、遺伝子解析はじめよう。未来の自分を健康にする	ユーグレナ・マイヘルス
ユーグレナ・マイヘルス アルコール体質遺伝子チェック
これからの健康のこと、考えていますか? □食事には気をつけているけど… □飲み過ぎないようにしているけど… □たばこの吸い過ぎに注意しているけど… □できるだけ歩くようにはしているけど… □いろいろな保険に入っているけど…
2人に1人ががんにかかる!?患者数は年々増加傾向。●生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性46%。つまり男女とも2人に1人ががんにかかるリスクを抱えており、罹患数は1985年以降増加し続けています。※国立がん研究センター がん情報サービス「2017年最新がん統計」より
糖尿病有病者と予備軍は、それぞれ推計約1,000万人!●厚生労働省が3年ごとに実施する患者調査によると、糖尿病の総患者数は全国で316万6,000人(平成26年)と、前回調査と比べて46万人以上増加しています。※厚生労働省「平成28年『国民健康・栄養調査』の結果」より
男性で約9年、女性で約13年!健康寿命と平均寿命には大きな差が。●健康寿命とは「健康上の問題がなく、日常生活を送れる期間」のこと。年々延びていく平均寿命と健康寿命の差が開けば開くほど、不健康な状態での生活が長くなります。※平成26年版厚生労働省白書「健康長寿社会の実現に向けて?健康・予防元年から」より
健康寿命と平均寿命の差
「とりあえず」ではなく、自分の遺伝子に基づいた「しっかりとした対策」を早い段階からはじめましょう!
遺伝子解析は、自分のカラダの設計図を知ること。
●遺伝子とは…
			人間の体は多くの「細胞」からできており、細胞のなかには「核」と呼ばれる部分があります。この核のなかには46本の「染色体」があり、これは両親から半分ずつ受け継いだもの。さらに一つひとつの染色体をほどいていくと、ここにらせん状の「DNA」が現れます。このDNAを横につなぐ物質を「塩基」と呼び、塩基はアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という塩基物質によって構成されています。この「A、T」「G、C」は必ずペアで並んでいますが、この塩基の並び順こそが「遺伝情報」。つまり「遺伝子」とは、遺伝情報の一つの単位のことを指しています。
●遺伝子からわかること
			両親から授かった遺伝子は、基本的に生涯変わることがありません。その特性を知ること、これが遺伝子解析です。例えば「糖尿病」「リウマチ」などの病気の発症リスクから「忍耐力」などの性格、「太りやすさ」や「アルコール耐性」などの体質、「数学能力」などの知能、「95歳以上まで生きる可能性」などの寿命まで遺伝子解析では診断できます。
ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析サービスなら
こうしたさまざまなデータを知ることは、未来の自分を知ることへとつながります。自分の体への理解を深めれば、平均寿命と健康寿命の差を短縮することにもつながり、ひいては個人の生活の質を高めることへとつながっていくのです。
※体質や健康リスクは遺伝的要因だけでなく、生活習慣や環境要因にも大きく影響を受けます。
Image
●自分のカラダを知ったら、さっそく健康習慣をスタート!	“今”のカラダを知ることは、“未来”の自分を知ること。さあ、遺伝子解析サービスであなたのカラダをチェックして、さっそく「未来の健康習慣」をスタートしよう!
●ユーグレナ・マイヘルスなら解析・確認も簡単![簡単な解析方法][安心の3つの取り組み]
[解析データはマイページで]	[解析データは更新される!]
ユーグレナ・マイヘルス アルコール体質遺伝子チェック
同封されているもの
本サービスの流れ
ユーグレナ・マイヘルスなら、ここまでわかる!【メリット 1】健康リスクに関する遺伝子情報
【メリット 2】自分の体質の遺伝子的傾向をチェック
【メリット 3】遺伝子解析を活用して健康な体づくり!

ユーグレナ・マイヘルスは、
信頼性の高い約300項目
約70万SNP※1の情報力で、
皆様の健康をしっかりサポート!!

マイヘルス遺伝子解析サービスを使えば、「健康リスク」も「体質」も、ここまでわかる!

健康リスク
●生活習慣病:
痛風(腎排泄低下型)/鉄欠乏性貧血/円形脱毛症/腰痛/潰瘍性大腸炎/十二指腸潰瘍/ナルコレプシー/むずむず脚症候群/慢性歯周炎/過食症/非アルコール性脂肪肝/(真性)過眠症/シリカ誘発性塵肺症(珪肺症)/勃起不全(ED)/2型糖尿病/高血圧症/腎臓結石/男性型脱毛症/妊娠糖尿病/腰部椎間板症(椎間板ヘルニア)/バレット食道/冠動脈の石灰化リスク/職業性ジストニア/妊娠性高血圧腎症/大動脈弁の石灰化リスク/重度のニキビ/痛風/痛風(腎負荷型)/群発頭痛/肥満/不眠症/食後高血糖/アテローム性動脈硬化/メタボリックシンドローム/骨粗鬆症/睡眠時無呼吸症候群
●腫瘍:
下行結腸癌(大腸癌)/前立腺癌/びまん性胃癌/肺癌/肺気腫/肺腺癌/黒色腫/精巣腫瘍/胆嚢癌/食道扁平上皮癌/髄膜腫/肺扁平上皮癌/腎癌/上咽頭癌/慢性骨髄性白血病/B型肝炎ウイルス性肝細胞癌/大腸癌/食道扁平上皮癌/漿液性卵巣癌/皮膚基底細胞癌/甲状腺癌/胃潰瘍/膀胱癌/膵臓癌
●慢性疾患:
慢性B型肝炎/慢性C型肝炎/片頭痛/片頭痛(前兆なし)/非閉塞性無精子症/多嚢胞性卵巣症候群/糖尿病性腎症/腎臓病/末梢動脈疾患/慢性広範囲痛症/原発性閉塞隅角緑内障/糖尿病性網膜症
●急性疾患:
心臓発作/深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)/妊娠性肝臓内胆汁うっ滞/脳卒中/腹部大動脈瘤/脳動脈瘤/心筋梗塞/不整脈(洞不全症候群)/冠動脈心疾患/心房細動/アテローム血栓性脳梗塞/脳梗塞/顎関節症/ラクナ梗塞
●加齢疾患:
緑内障/本態性振戦/加齢黄斑変性/思春期の脊椎側弯症/屈折異常/非常に強い近視/角膜乱視/正常眼圧緑内障/女性の性機能不全/円錐角膜/乏精子症/女性器の慢性痛
●アレルギー疾患:
アトピー/喘息/花粉症アレルギー性鼻炎
●膠原病:
関節リウマチ/変形性関節症/バセドウ病/甲状腺機能低下症/関節リウマチ患者における股関節骨折リスク
●感染症:
C型肝炎ウイルス性肝細胞癌/HIV感染症/C型肝炎誘発肝硬変/デングショック症候群/ヒトパピローマウイルス(HPV)感受性/マラリア合併症/デング熱/黄色ブドウ球菌感染症
体 質
●健康管理:
BMI (体格指数)/アルコールとニコチンの共依存/ニコチン依存/飲酒量/運動習慣/A・G比(肝機能の指標)/骨密度/除脂肪体重/体脂肪率/ホモシステイン値(血中濃度)/虫歯/就寝時刻/睡眠の質/リノール酸値(血中濃度)/エイコサジエン酸値(血中濃度)/α-リノレン酸(血中濃度)/エイコサペンタエン酸(EPA)値(血中濃度)/ドコサヘキサエン酸(DHA)値(血中濃度)/トリグリセリド値(血中濃度)/ヘマトクリット値(血中濃度)/運動の効果
●身体:
角膜曲率/角膜の厚み/鼻筋の高さ/身長/脊椎骨の長さ/頭囲(幼児)/毛髪の色(黒髪とブロンド)/網膜血管の太さ/眼の色/出生時体重/強度近視/筋力/聴力/PR間隔(心電図の特徴)/P波の間隔(心電図の特徴)/QRS間隔(心電図の特徴)/QT間隔(心電図の特徴)/心拍数/瞼のたるみ/上腕周囲/足首と上腕の血圧比/内臓脂肪と皮下脂肪の割合/左心室壁の厚さ/胸囲(胸の大きさ)/人差し指と薬指の長さ/虹彩(瞳)のパターン/歯の発達/髪の太さ/親知らず/肌の明るさ
●性格・性質:
忍耐力/尿内のアスパラガス臭をかぎ分ける能力/経済・政治の関心/言語能力/好奇心/匂いの感知/痛みの感じやすさ/匂いの感じやすさ(2-ヘプタノン)/匂いの感じやすさ(イソブチルアルデヒド)/匂いの感じやすさ(β-ダマセノン)
●体質・寿命:
テロメア長(細胞の寿命に関連)/血圧/初経/閉経/ノロウイルス耐性/肺機能の指標(努力性肺活量)/インスリン抵抗性/1秒量(肺機能の指標)/1秒率(肺機能の指標)/眼圧/起立時の血圧の変化/アルコール依存/色素斑(そばかす)/光くしゃみ反射/結核症感受性/加齢に伴う肺機能の低下/95歳以上まで生きる可能性
●脳・知能:
海馬容積/母乳育児でIQがあがる可能性/数学能力/聴覚を司る脳部位の大きさ/コントラスト感度/非言語IQ/記憶力(エピソード記憶)/ムーニー顔テスト(顔知覚能力)/試行錯誤学習(学習能力)
●骨・関節:
腰のくびれ(ウエスト/ヒップ比)/寛骨(股関節)の大きさ
●血球算定:
ヘモグロビン値(血中濃度)/鉄分値(血中濃度)/糖化ヘモグロビン値(血中濃度)/好塩基球数(白血球)/好酸球数(白血球)/好中球数(白血球)/単球数(白血球)/HDL(善玉)コレステロール/LDL(悪玉)コレステロール/胎性ヘモグロビンの永続性/血小板数/白血球数
●疾患・リスク:
パルミトレイン酸値(不飽和脂肪酸の血中濃度)/γ-GT(肝機能の指標)/ALP値(肝機能の指標)/尿酸値/アディポネクチンレベル(糖尿病に関連)/リパーゼ(膵臓機能の指標)/心膜脂肪量(心臓周囲の脂肪量)/血清クレアチニン値(腎機能の指標)/血中尿素窒素値(腎機能の指標)/喘息の指標(気道反応性)/CA19-9(癌のバイオマーカー)/CEA(癌のバイオマーカー)/AFP(癌のバイオマーカー)/血中CDT値(飲酒量の指標)/総トランスフェリン値(飲酒量の指標)/血中MPOレベル(冠動脈疾患の指標)/フィブリノーゲンレベル(血中濃度)/PSAレベル(前立腺異常のバイオマーカー)/酸化LDLコレステロールレベル(血中濃度)/アレルギー感受性/ビリルビンレベル(肝機能の指標)/血清ST2レベル(心血管疾患の指標)/AST値(肝機能の指標)/前房深度(緑内障の指標)/高トリグリセリド血症
●体質・代謝:
カルシウム値(血中濃度)/ビタミンB12値(血中濃度)/ビタミンD値(血中濃度)/ビタミンE値(血中濃度)/マグネシウム値(血中濃度)/レチノール値(血中濃度)/血中非アルブミンレベル(タンパク質)/葉酸値(血中濃度)/性ホルモン制御/アルコール赤面反応/苦味の感じやすさ/耳垢のタイプ/髪のカール/乳糖耐性/空腹時血糖値/総コレステロールレベル/寒冷昇圧試験による血圧の上昇/夜間の脈圧/垂直Cup・Disc比(緑内障の指標)/日焼け/レジスチンレベル(血中濃度)/リン濃度(骨代謝の指標)/プロトロンビン時間(凝血機能の指標)/トロンボプラスチン時間(凝血機能の指標)/ベタインレベル/オレイン酸値/ステアリン酸値/アラキドン酸値(血中濃度)/甲状腺ホルモンレベル(血中濃度)/LP-PLA2活性/非対称性ジメチルアルギニンレベル(血中濃度)/対称性ジメチルアルギニンレベル(血中濃度)/フェリチンレベル(血中濃度)/クレアチンキナーゼレベル(血中濃度)/旨味感受性/塩味感受性
●免疫:
血清IgAレベル/血清IgGレベル/血清IgMレベル/血清アルブミンレベル/血清セレンレベル/血清総タンパク質レベル/E-セレクチンレベル/血清IL-18レベル
●その他:
近視の指標(角膜から軸長までの長さ)/CRP値(炎症反応の指標)/カフェイン摂取量/腎洞脂肪/甲状腺刺激ホルモンレベル/血小板容積/血清パラオキソナーゼ活性/血漿β2-マイクログロブリンレベル/アルコールと血圧/乗り物酔い/メタンフェタミン依存/甘み摂取傾向/食事に対する自制力/抗ミュラー管ホルモン(AMH)レベル/肌の光老化
私たちユーグレナの新たな取り組み

「人と地球を健康にする」を経営理念として、ユーグレナ(ミドリムシ)を使ったヘルスケア商品の販売などに取り組んできた私たち株式会社ユーグレナ
そんな経営理念を掲げる当社は人々の更なるウェルネス促進に向けて、ヘルスケア事業を更に発展させ、お客様に提供するソリューションを拡大・深化させる手段の一つとして、遺伝子解析等のバイオインフォマティクス領域に着目しておりました。
最新のバイオテクノロジーを駆使したユーグレナ・マイヘルス"未来の自分を健康にする"ためのファーストステップです。

知って得する!?遺伝子解析・用語集
  • 【遺伝とは】

    親の特徴が子へ受け継がれる現象を“遺伝”といいます。1865年、グレゴール・ヨハン・メンデルは遺伝を引き起こす遺伝子の存在を予言しましたが、現代において真実であったことが証明されました。遺伝という現象は人類にとっての昔からの関心事であり遺伝学の発達に伴い益々関心は高まっています。

  • 【DNAとは】

    遺伝において重要な物質がDNAです。DNAは生物の設計図であり、約30億個の塩基配列からなり、生物を形作るために必要な遺伝情報が記録されています。DNAに記録されている情報が生物を形作るタンパク質の構造を決定しており、DNAの配列違いによって生物の姿形や体質が変わってきます。

  • 【染色体とは】

    細胞分裂のときに形成されるもので、ひも状のDNAが棒状に束ねられ46本の染色体を形成します。DNAはこの時に複製され鋳型とまったく同じものが新たな細胞に受け継がれていきます。また、染色体46本のうち23本は母親由来の染色体であり、もう半分は父親由来です。母親と父親から一本ずつ性染色体を受け継ぎ、それ以外を常染色体と呼んで区別しています。

  • 【遺伝子とは】

    遺伝子とは物質のことではなく、DNAが記録している遺伝情報のことです。ある遺伝形質(耳の形、髪の質など)に関わるタンパク質や調節機能などが記録されているDNA領域をひとまとめに遺伝子と呼んでいます。

  • 【ゲノムとは】

    ある生物が保有している遺伝子全ての総称をゲノムと呼びます。ヒトのゲノムは“ヒトゲノム計画”において全塩基配列を読み取ることに成功しています。ゲノム研究が進み理解が深まれば、ゲノム上の遺伝子がいつ、どこで、どのよう機能しているのか明らかになります。そうなれば、癌や生活習慣病、アレルギー性疾患などの原因遺伝子群を突き止めることができ、医療技術やオーダーメイド医療など様々な技術が進歩すると思われます。

  • 【SNPとは】

    スニップと発音され、DNA上のたった一箇所の違いを意味しています。Single nucleotide polymorphismの略であり、一塩基多型と訳されます。ゲノム中には300万から1000万のSNPが存在していると考えられています。重要な遺伝子領域が作りだすタンパク質を変化させる可能性があり、生活習慣病などはSNPsが複雑に関係していると解明されてきています。

ユーグレナ・マイヘルス アルコール体質遺伝子チェック

【本サービスの限界】

  1. 体質や健康リスクは遺伝的要因だけでなく、生活習慣や環境要因にも大きく影響を受けます。
  2. 本サービスは個人の遺伝的リスクを決定し疾患の発症や進展を判定したり、予防方法を提供したりするものではありません。
  3. 本サービスによって示される体質や健康リスク結果は科学的根拠のある論文を参考にした特定のゲノム情報に対する統計値です。参考とする論文の信頼性は当社のウェブページ(https://myhealth.euglena.jp/)をご参照ください。
  4. 本サービスは医療行為ではなく、医師の診断内容や処方箋に置き換わるものではありません。現在、医師の診療を受けている、もしくは将来的に医師または専門家の診療を受ける場合は、医師または専門家の指示を優先してください。
  5. 本サービスは親子、血縁鑑定等の法医学的検査、出生前診断や単一遺伝子疾患(遺伝病)に関する検査、薬剤応答に関する検査を実施するものではありません。
ページトップへ