健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.06.27     疲れをとるために

ヒールを履いても痛くならない歩き方

heel-how-to-walk

ハイヒールに痛みはつきもの? いいえ、実はヒールの高い靴を履いていても痛くなりにくい歩き方があります。ここでは、覚えておきたいハイヒールでの歩き方と、理想のヒールの高さについてご説明します。

靴底の減り具合で分かる歩き方のクセ

ハイヒールに適した歩き方を知る前に、自分がどんな歩き方をしているかを確認してみましょう。歩き方を知るためには、普段履いている靴の底の減り具合をチェックすることが大切です。
理想的な歩き方をしている場合、親指の付け根周辺と、かかと周辺の靴底が左右で均等に減ると言われています。あなたが履いている靴の底は、どのようになっていますか?

外側が減っている

「ガニ股」や「O脚」になりやすい傾向があります。
足の外側に重心がかかっているため、足の内側の筋肉が緩みがち。足の外側の筋肉がしっかりついて、ガッチリした足になってしまうかもしれません。

内側が減っている

「内股」や「X脚」になりやすい傾向があります。
歩くときに膝を曲げるクセのある方に見られるタイプで、普段から姿勢が悪く猫背気味の方も多いようです。

かかとの後ろが減っている

かかとから着地しながら、足を引きずるようにして歩く人に多い靴底の減り方です。
腹筋や背筋の衰えを感じることはありませんか? また、腰を丸めた姿勢で歩き、腰痛に悩む人に多いという傾向もあります。

つま先の先端が減っている

靴底の指の先端部分だけ極端に減っている人は、つま先で着地しながら前傾姿勢で歩く傾向があります。普段からつま先に重心がかかっているため、外反母趾になりやすい歩き方とも言えるでしょう。

ハイヒールを履いても痛くなりにくい姿勢と歩き方

ヒールの高い靴は重心が取りづらく不安定なため、痛くりにくい歩き方をするにはいくつかのコツと練習が必要です。以下を参考にして、理想の歩き方をマスターしましょう。

姿勢

まずは、ハイヒールを履かずに姿勢を整える練習をします。両足をそろえてまっすぐに立ち、顎を引いて目線は少し上に。重心は土踏まずか、かかと寄りに置くと安定します。
キレイに立つには、頭のてっぺんから1本の糸で吊るされている状態をイメージするのがおすすめです。
前や後ろに傾くクセがあると、ハイヒールを履いたときに前滑りや靴擦れの原因となるので注意が必要です。

歩き方

上記の姿勢のまま、10m程先を見るようにして歩き出します。足はつま先を下に向けたまま前に踏み出し、かかとから着地するように地面に下ろしましょう。このとき、軸となる後ろの足から、前に踏み出した足へと体重を移動させます。
両膝をこするようにして次の一歩を踏み出しましょう。内股やガニ股にならないよう、歩幅はやや狭くするよう意識してください。

歩くときの最大のポイントは、「膝を曲げないこと」。ハイヒールを履き慣れない方はつい膝を曲げて歩いてしまいますが、それでは重心が安定しづらく、痛みや疲れの原因となります。足を前に踏み出すとき以外は常に膝を伸ばし、エレガントにふるまいましょう。

ハイヒールで足が痛くならないために

女性の足を細く長く見せてくれるファッションアイテム、ハイヒール。一度履いてしまうとその美しいシルエットに魅せられ、5㎝、10cm、15cmと、どんどん高いヒールに挑戦したくなってしまう方もいます。
しかし、高くなるほど足の痛みが増していくのもハイヒールの宿命。美を取るか快適さを取るか、女性にとってはきわめて難しい選択ですね。

なお、女性の足を最も魅力的に見せてくれるヒールの高さは「7cm」だという意見があります。それ以下や以上では、バランスが悪くなってしまうというのです。もちろん、人によって似合うヒールの高さは異なりますが、意外に低いと思われた方が多いのではないでしょうか?

つまり痛みをこらえて高いヒールを履いても、美しく見えるとは限らないということです。無理をせず、自分のスタイルに合った高さのヒールを楽しみましょう。

ハイヒールを履いても痛くなりにくい歩き方は、同時に美しい歩き方でもあります。ぜひマスターして、颯爽とハイヒールを履きこなしましょう。

Comments

comments

Category
Copyright ©euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP