健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

一日に水を飲む量はどのくらい?

water

成人男性の体内にある水分は、体重のおよそ60%と言われています。体重が50kgの方なら、その体には約30リットルの水分があるという計算です。ここでは、私たちの体を満たしている大切な「水」について、飲む量や適切な飲み方を紹介します。

1日に飲むべき水の量

私たちが1日に摂取すべき水分は、どのくらいなのでしょうか? 厚生労働省によると、体重が60 kgの成人男性が日常生活で1日に排出する水分は、尿や便、呼吸などを合わせておよそ2.5リットル。つまり、この排出分である2.5リットルの水分を摂取する必要があると言われています。

ただし、私たちは普段の食事で1リットル程度の水を摂取しており、体内で作られる水も0.3リットルほどあるので、新たに飲むべき量はおよそ1.2リットルになります。ただし汗をかきやすい季節や、運動やスポーツで汗をかいた場合は、その分多くの水分を摂取する必要があります。

正しい水の摂取方法

私たちの体に必要不可欠な水分ですが、摂り過ぎは禁物です。水を大量に飲むと血中のナトリウム濃度が下がり、「水中毒」に陥る可能性があります。環境や生活状況に応じて、適切な量の水を摂取することが大切です。

水を飲む際は、1回にコップ1杯程度の量まで。これを数回に分けて、1日の必要量を摂ると良いでしょう。

適切な水分量を摂取するメリット

毎日、適切な量の水分を摂取することは、私たちが生きていくために欠かせない習慣のひとつですが、そのほかにもさまざまなメリットがあります。

痩せやすくなる

食事の前に水を飲むことで、ある程度の満腹感が得られるため、少ない食事量で満足することができます。

むくみを解消する

余分な水分や老廃物が溜まることで起こる体のむくみ。これは、全身を循環しているリンパの流れが悪くなることが原因と言われます。これを解消するためには、きちんと水分を摂取してリンパの流れをスムーズにすることが大切です。リンパ液は老廃物を回収し、汗や尿、便と一緒に排泄してくれる働きがあります。

便秘の解消

水分が不足すると、腸内の便に含まれる水分量も少なくなります。すると、便が小さく固くなり排出されにくい状態になるため、便秘がちになってしまうのです。しっかり水分を摂って便の水分量も増やし、便秘を解消しましょう。

適切な量の水分を補給しないとどうなる?

適切な水分補給をせずにいると、体内の水分が失われ、さまざまな症状が現れる可能性があります。

まず血液の濃度が上がり、ドロドロな状態になって血流が悪化します。すると脳や内臓を巡る血液の循環も悪くなります。ひどくなると、頭痛や吐き気などの症状が出る場合があります。

さらに、体の水分を5%失うと脱水症状などが見られはじめ、10%になると筋肉のけいれんや循環不全などが発症。20%で死にいたるとされています。このように、私たちの体を満たしている「水」は、生きていくために欠かせない大切なものなのです。

今回は、1日に飲むべき水の量について説明しました。「のどが渇いてきたな」と思った時点で、すでに水分が不足している状態だと言われています。のどの渇きを感じる前に適量の水を摂取し、健康的な毎日を過ごしましょう。

Comments

comments

Category
Copyright ©euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP