健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

スリムな体にしたいのに……。リバウンドの原因は一体なに?

rebound

ダイエットを中断した途端、体重がダイエット前に戻る、さらには以前よりも増加してしまう……。それが、ダイエットを経験した方の多くが体験する「リバウンド」という現象です。そもそも、なぜリバウンドは起こるのでしょうか? ここでは、その原因と対処法をご説明します。

リバウンドの原因

リバウンドの原因とされるものは、いくつか挙げられます。
1つは、私たちに備わっている生命維持を司る機能「ホメオスタシス」です。食事制限によるダイエットをしていると、ある時期から体重が減らなくなることがあります。これは「停滞期」と呼ばれる現象で、多くの場合は1カ月前後続きます。実は、この停滞期の原因となるのが「ホメオスタシス」なのです。

体に十分なエネルギーが入ってこなくなると、ホメオスタシスの働きにより、脳は体が飢餓状態に陥ったと判断。エネルギーの消費量を減らし、さらにわずかな食事から多くのエネルギーを取りこんで、生命を維持させようとします。
そのため、どんなに食事を減らしても体重は減らないまま。そこでダイエットを諦めて普通の食事に戻すと、ホメオスタシスが働き続けてどんどんエネルギーを蓄積。あっという間にリバウンドする結果に……。

もうひとつは、食欲を制御するホルモン「レプチン」です。私たちが食事から十分なエネルギーを取りこむと、脂肪細胞から「レプチン」が分泌され、脳の満腹中枢を刺激します。この働きが食べ過ぎを防いでくれるのですが、ダイエットで食事を減らすと、レプチンの量も減少してしまいます。
ダイエットを止めても、レプチンが適切な量に戻るまでにはしばらくかかるため、一定の間は「食べても食べても、お腹いっぱいにならない」という状態が続きます。これでは当然リバウンドしてしまいますね。

リバウンドしやすいダイエット方法

無理な食事制限によるダイエットは、一般的にリバウンドを起こしやすいと言われています。以下のような方法を、あなたもチャレンジしたことがあるのではないでしょうか?

摂取カロリーを制限する

生きていくために必要な最低限のエネルギーを「基礎代謝」と言います。摂取カロリーが基礎代謝を下回ると、十分なエネルギーを得られなくなり、肌荒れや便秘などのトラブルを引き起こす要因となります。
また、生命維持機能「ホメオスタシス」によって代謝が下がり、痩せにくい体になってしまう場合も。

単品を食べ続ける

りんごダイエットやトマトダイエットなど、特定の食品を食べ続けて痩せる方法は、健康的なダイエットとは言えません。体に必要な栄養素が十分に補給できないため、体の不調を招いたり、基礎代謝が低下して太りやすくなったりする恐れもあります。

炭水化物を抜く

パンやご飯などの主食を抜く、炭水化物抜きダイエットも注意が必要です。 私たちの脳を動かすエネルギーとして代表的なものは、炭水化物から生成されるブドウ糖です。炭水化物を抜くと脳に十分なエネルギーが行かなくなり、人によっては頭がボーっとする、集中力が低下する、イライラするなどの症状が出ることがあります。
そんなストレスを解消しようとして、炭水化物以外のものを食べ過ぎれば、すぐにリバウンドしてしまうかもしれません。

リバウンドしない方法

ダイエットにリバウンドはつきもの? いいえ、やり方次第ではリバウンドすることなく、スリムな体をキープすることができるのです。

筋トレをする

トレーニングで筋肉量を増やすと、基礎代謝が上がります。つまり、何もしなくても消費するエネルギーが増えるので、太りにくくなるのです。

食事を見直す

脂肪分の多い肉類や糖質を含むご飯(炭水化物)を減らすことも大切ですが、それ以上に大切なのは野菜をたっぷりと摂ること。野菜中心の食事にすることで、肉類やご飯が少ししかなくても、満腹感を得やすくなります。

よく噛む

噛むという行為は満腹中枢を刺激するため、噛む回数を増やせば少ない食事量で満足することができるでしょう。また、たくさん噛むことで消化も促進され、胃腸の調子を整える効果も期待できます。1度の咀しゃくで、20~30回噛むことを心掛けると良いでしょう。

無理なダイエットは体や心に大きな負担をかけ、リバウンドを招きます。できる程度に、健康的に体重をキープしていくことが大切です。

Comments

comments

Category
Copyright ©euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP