健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.09.15     美しい肌のために

肌にとって大切な洗顔での正しい泡立て方

beat

ニキビや肌荒れなどさまざまな肌トラブルは、その多くは洗顔により防ぐことができると言われています。ただし、肌トラブルの原因となる皮脂や汚れを取り除くために、ゴシゴシと力強く擦ってしまうのは厳禁。正しい洗顔のポイントは、とにかく肌を優しく洗うということで、そのためには洗顔フォームをしっかりと泡立てるのが大切です。
正しい泡立て方を身につけて、透き通るような美しい肌を目指しましょう。今回は洗顔フォームについて、その泡立て方やメリットを詳しく解説します。

キメ細かい泡で洗顔をするメリット

そもそも、なぜ洗顔フォームを泡立てる必要があるのでしょうか。一番のメリットは、やはり肌への負担を減らせること。洗顔料を泡立てないまま洗ってしまうと、泡ではなく指の腹で肌を擦ることになります。指で擦る洗顔は、泡よりも肌に与える刺激が強いため、汚れをしっかりと落としているつもりが、却ってシミやソバカスの原因であるメラニン発生を誘発してしまうことも。洗顔フォームをしっかりと泡立てることで、弾力のある泡が指と肌の間でクッションのような役目を果たし、肌を擦りすぎることを防いでくれるのです。

また、キメの細かい泡で洗顔をすることで、泡が肌にしっかりと密着して、毛穴の奥の汚れまでスッキリと落とせるというメリットも。しっかりと汚れや余分な皮脂を取り除くことにより、肌のキメを整え、肌をひきしめる効果も期待できるようです。

洗顔用の泡は何で泡立てたら良い?

近ごろは、泡で出てくる洗顔料もたくさん売られていますが、一般的な洗顔フォームを使う場合、キメの細かい泡を作るにはどうしたら良いのでしょうか。できるだけ簡単に手早く泡が作りたい、という方におすすめのグッズは以下の通りです。

泡立てネット

細かなメッシュ状のネットがおすすめです。きれいな洗面器の中に、泡立てネットと洗顔石けん、ほんの少しのお湯を入れて、水と石鹸を馴染ませるようにネットで揉み込みます。少し泡立ってきたら石鹸を取り出し、あとは空気を含ませるようにして、手でしっかりとかき混ぜながら泡を作れば完成です。

泡立てスポンジ

ウレタンフォームのスポンジを軽く濡らし、洗顔フォームをつけてひたすら手で握って泡を作っていくだけ。100円均一でも売られていてプチ・プライスなのに、確実にモコモコの泡を作ることができます。ただし、ウレタンフォームの素材が肌に合わない場合は、すぐに使用を止めるようにしましょう。

洗顔料の上手な泡立て方

いろいろな泡立てグッズを活用するのもいいですが、手だけでもキメの細かい泡を作ることができます。そのコツを詳しく見ていきましょう。

手を洗う

泡を作る前に、必ず手をきれいに洗いましょう。これは、手が汚れていると泡立ちが悪くなってしまうからです。

ぬるま湯で洗顔料を泡立てる

洗顔フォームや洗顔石けんを適量手のひらに取り、同じく適量のお湯と合わせます。お湯の温度は32~35℃程度がベストです。

混ぜはじめる

洗顔フォームを乗せた方とは反対の手で、混ぜはじめます。このとき指を少し曲げて、空気を入れるように小さく円を描くのがコツです。

お湯を混ぜる

お湯を適量足し、泡を手の中央に集めたらもう一度同じ要領でかき混ぜます。適度にお湯を足しながら数回混ぜることで、キメ細かい泡が完成です。

毎日の洗顔は、美肌に欠かせない大切なものです。肌を優しくいたわりながら、皮脂や汚れを落とすためにも、しっかりと泡立てて洗顔するように心がけましょう。

Comments

comments

Category
Copyright ©euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP