2016年12月 個人投資家向け説明会

投資家情報Investor Relations

個人投資家説明会

2016年12月 個人投資家向け説明会

当日いただいたご質問とその回答

配当などの株主還元策およびバイオ燃料の実用化に関するご質問
<出雲社長>
配当などの株主還元策につきましては、2020年に向けた中期経営目標であるグループ連結売上高300億円および、バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化の達成に注力し、両目標を成功裏に達成したのちに検討してまいりたいと考えております。飛行機やバスなどの大型商用車は動力を全て電気に切り替えることは難しいため、今後もバイオ燃料への需要があると考えております。
また、日本はパリ協定で温室効果ガスの削減も宣言しており、エネルギー利用の点からバイオ燃料に対する注目が更に高まるとも思われます。そのため2020年までは、市場に対するインパクトの大きいバイオ燃料の研究開発と成長途上のヘルスケア事業における広告宣伝への投資を優先したいと考えております。

株主総会に戻る

シェアードリサーチ社による当社の調査レポートはこちら