世界の子どもに栄養を ユーグレナ GENKI プログラム

栄養失調に苦しむ世界中の子供たち全員にユーグレナを届けるその日まで。

世界中には栄養失調で苦しむ子どもたちが約10億人いると言われています。
この星から、栄養問題をなくしたい。それは、ユーグレナ社を立ち上げた時の大きな目標です。
野菜・肉・魚に含まれる59種類の栄養素をバランスよく持つユーグレナは、
栄養問題解決の大きな希望だと私たちは信じています。
ユーグレナを、必要としている人たちのもとへ届けたい。その想いを現実にするため、協賛各社様のご協力を得て
「ユーグレナGENKIプログラム」は生まれました。
世界中にユーグレナを届けるプログラム、
ユーグレナ社設立のきっかけの地であるバングラデシュからはじまります。

ユーグレナ商品を1つ購入 → 一食分(5枚相当)のユーグレナ・クッキープログラムの仕組み

対象のユーグレナ入り商品を1つお買い上げいただくと、ユーグレナクッキー1食分がバングラデシュの子どもたちへ。

(1食分はクッキー6枚。この1食でバングラデシュの
子供たちに特に不足している栄養素1日分を提供できます)

詳しくはこちら

バングラデシュからはじめる理由

代表取締役の出雲が栄養問題に関心を持つきっかけとなったのは、学生時代に訪れたバングラデシュで、必要な栄養素が足りず栄養失調となっている子どもたちを見たことでした。
「なんとか彼らが、健康に生活できるような栄養源をみつけたい」そう思った出雲が出会ったのがユーグレナでした。
そんなもうひとつの創業の地とも言えるバングラデシュから、ユーグレナを世界中に届け、この星から栄養失調をなくすチャレンジをはじめたいと思っています。

詳しくはこちら

バングラデシュ事務所レポート

バングラデシュ事務所レポート

プログラムの最前線基地であり、ユーグレナ社唯一の海外拠点であるバングラデシュ事務所からの活動記録をレポートします。

16.06.27
2016年5月の活動報告
~新規校でGENKIプログラム開始と血液検査について~
16.05.17
2016年4月の活動報告
~新規校との契約および血液検査の実施~
16.04.22
2016年3月の活動報告
~新たな仲間の採用と来期の目標達成に向けて~

もっと見る>>

プログラムの仕組み

ユーグレナGENKIプログラムこのマークの入ったユーグレナ社製品およびご協賛社様製品をお買い求めいただくと、一商品につき10円をユーグレナ社とご協賛社様で負担いたします。その10円がユーグレナクッキー1食分(※この1食でバングラデシュの子供たちに特に不足している栄養素1日分を提供できます)となり、現地NGOが運営する小学校の給食として配布します。同時にユーグレナ社の現地事務所スタッフにより子供たちに対する栄養教育を実施します。

商品がクッキーに

配布するクッキーはバングラデシュにおいて特に不足している下記の栄養素を特別に補給しています。 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンD ビタミンE 葉酸 鉄分 亜鉛

>>ユーグレナの栄養素についてはこちら

ユーグレナ自社製品

協賛社様製品(代表的な製品)

バングラデシュを取り巻く栄養問題の現状

5歳以下の子供の43%が発育不全
バングラデシュでは5歳以下の子供の43%が発育不全であり、ビタミンA、鉄、ヨウ素、亜鉛が不足している。また就学前児童の5人に1人がビタミンA不足であり、2人に1人は貧血である。
5歳未満の子供の60%が発育障害、50%が低体重
発育障害には低身長も含まれており、OECDの調査では、女性の平均身長は150.3cmと日本の158.5cmよりもかなり低く、調査対象国のなかで2番目に低い結果であった。
(国際協力NGO 「ハンガー・フリー・ワールド」の報告)
多くの食事で栄養の偏り
バングラデシュの多くの家庭の食事ではお米とカレーなどが主食で、野菜や果物などが食卓にたくさん出ることは少ない。 このことが栄養バランスの偏った食生活が子供の目ね気力や体力を低下させ、風邪をひきやすくし、下痢の症状ももたらしていると考えられる。