~バングラデシュからの「ユーグレナGENKIプログラム」レポート~


2015年4月 活動報告
~ユーグレナGENKIプログラムの拡大、新たな団体との契約~

株式会社ユーグレナ
バングラデシュ事務所 所長
モハメド・アケルザマン

ユーグレナGENKIプログラムは2015年3月をもちまして一周年を迎えることができました。またスポンサー企業様のサポート額も今期は大幅に増加し昨年の1日2,500食から、今年は4,000食分を配布することが可能となりました。改めまして深くお礼を申し上げます。
この期待に応えるため今月は新たなNGOや組織を訪問し、多くの交渉や打ち合わせを実施しました。2015年度はクッキー配布数が約4,000食になりGENKIプログラムの規模は約2倍になります。また昨年の不足分を併せますと4,400食分を毎日配布することになります。今月はこの準備のための活動を重点的に行いました。

1.はじめに

今年の4月までにユーグレナGENKIプログラムをSUROVI, MSS, OBAT Helpers, Ekmattraの各校で実施しましたが、5月からは新たにBDP(Basic Development Partners)、ARBAN(Association for Realisationof Basic Needs), Bauniyabad Islamia Alim Madrasahの各校でも本プログラムを導入することになりました。この3つの団体で8校を管理しています。学生数は併せて2,345名になります。4月はこの8校にてGENKIプログラムの導入準備を行ってまいりました。それぞれの学校で先生への研修や打ち合わせ、両親との交流会などを実施しました。無事、各校と当プログラムの契約を結び5月より配布を開始する予定です。また今回、新たに加わった学校から約300名の小中学生を選定し、児童らの体重と身長を測定しています。

2.新たな団体と契約

上記の報告通りユーグレナGENKIプログラムを拡大に伴い新たなNGOと契約を結びました。4月に管轄部長の永田がバングラデシュを訪問した時にARBANと契約しました。その他BDPとMadrasahについても別途契約を締結しました。

3.先生の研修及びプログラムの紹介

ユーグレナGENKIプログラムの導入時には先生への研修を行います。研修は当事務所のアザムが担当しています。この研修会では当プログラムの実施方法についてのほか、注意事項も説明しています。これらは団体ごとではなく学校1校ごとに行っています。

4.両親との交流会

ユーグレナGENKIプログラムは小学校の児童たちの給食代わりとなるものです。当プログラムを理解していただくために児童たちの保護者との交流会を実施しています。児童が学校で何を食べているのか、ユーグレナ本社の概要も含めて説明しています。また児童たちの成長への興味喚起や、勉強や身体の発達についての両親の役割についても説明します。その他、児童たちが学校の授業をサボっていないか等を把握するようにお話しています。その時には当事務所が作成したGENKIプログラム・ベンガル語版資料を活用しています。これにより両親達の理解度が増して分かり易いと好評を得ています。このような交流会を新たにプログラムを導入する8校全ての学校で実施しました。

5.まとめ

目標通り4月中にユーグレナGENKIプログラムの対象生徒数は2,345名になりました。早速5月4日から配布を開始しています。新たな学生を合わせると合計19校で総数は4,837名になります。さらに対象の児童数を増やす予定です。6月中に学生数を5,500名から6,000名まで拡大する予定です。新たな学校も含めて定期的な訪問や効果測定の確認等の業務を引き続き実施します。今期は大幅に対象者数が増加しましたので学校訪問や現状確認のため業務が大幅に増加します。引き続きのご支援をお願いいたします。